What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お母さん、私を見て

職場復帰してから、体調がふるわない毎日が続いていました。
ご飯もおいしくないし、肩が凝ったり、頭痛がしたり。

私はもう昔とは違って
この体調不良の根本的な原因が、仕事・育児にあるわけではないこと、
ずっと分かっていました。

全記事リンクフリーとのことですので、リンクさせて頂きました。
こちらはカウンセラーさんのブログ記事です。
「祖母-母-娘の愛情飢餓の世代間連鎖を断つやり方」

一度は母との関係が原因でうつ病に苦しみました。1年以上に及ぶ闘病でした。
表向きは、大学院博士課程の過酷な生活が原因ということになっていましたが
「学歴がなくなったら、お母さんは私を愛してくれない」という恐怖、
けれども大学院を辞める以外にないところまで追い込まれていた私、
どこにも出口が見出せない苦しさが、私をうつ病に追い込みました。

リンク先のカウンセラーさんの示したプロセス、
一つ一つを私は見事に辿ってきたと思います。

衝動的、怒りの衝動、心身症状、存在不安、過剰労働…。
そして夫と結婚したことにより、8の情緒的遮断を行ったつもりでした。

悔しいけれど、
残念ながら、自分は今、9の「愛情飢餓」の状態にいます。

あれだけ憎んだ母に説得されて、同居しています。
そして、私の子供たちをバカ可愛がりする母を見て、心が満たされています。
カウンセラーさんの工程図の11. (無意識の支配)の段階にいます。

息子が生まれてから、私の心はとても満たされていました。

それは、息子の存在そのものというより
母が待ち望んだ男児を義姉ではなく自分が産んだこと、
息子に対して「ほかの孫たちとは可愛さが全く違う」という母、
息子さえいれば、母に自分の存在を認めてもらえると思う気持ち、

平和だと思っていた気持ちの
何もかもが、強力な世代間連鎖の一部に巻き込まれていたに過ぎず
私は息子ではなく、息子を愛する母に気持ちが向いていたことに
再び強いショックを受けています。

また、母ー私の関係がやたらと投影されてつらかった娘に比べると
性別の異なる息子に対して、私は自分が彼を「手段」として利用していることに
全く無自覚でした。

世代間連鎖を断ち切る役割を負った人は、
ものすごい苦しみのなかに身を置くといいます。
苦しいです。何もかもが苦しいです。

でも、おそらく、
これが神様から与えられた自分の役割です。

この苦しみは無駄にはならないはずです。

この苦しみの先は、
光があり、自由がある。娘と息子の明るい未来がある。

そして、私はもう母の愛がなければ生きていけなかった
小さな子供ではないんです。

夫というパートナーと手と手を携えて、
自分の幸も不幸も自分で負っていく責任を持った大人なんです。

きっと私の人生を切り開いてみせる。

今は苦しくとも、
これが私の生きる意味なんだと。

イースターまであと一週間です。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-04-18 09:31 | 試練