What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

冷たい人間

f0199940_16452010.jpg


幼稚園のお友達のおうちで着せてもらった…。
ここんとこすっかりプリキュアから心が離れている娘だが、
これは嬉しかったね。

息子が今期二回目の手足口病にかかってしまい、今回は口の中の
水泡が痛かったらしく、超絶に機嫌が悪く…
喘息も併発して、私は心身共にくたびれた。

喘息に関しては、今回はステロイド吸入に踏み切る。
ほんと、ステロイドってすごいよね。カラッと治るのね。
副作用とか怖いっていうけど、咳き込んで寝ることも食べることも
ままならない状態が何日も続くのは、本当に辛かったんで…。

さて、

先日、高校時代の仲間の一人が亡くなった。二年間も闘病していたそうだ。
偶然にも、彼女はご主人とつくばに住んでいたそうだ。

彼女自身が病のことを人に知られたくなかったのか、
誰も彼女の死を知らず、葬儀にも通夜にも高校時代の仲間は誰も
行かなかったとのこと。

驚いたし、ショックだったし、ブログ友達だったayumiさんの訃報に次ぐ
友人の訃報に、今年はなんだかしんどい年だなあと思ったりもして。

でも、何よりも驚いたのは、自分の「あっけらかん」とした感じで。
同級生が亡くなるっていうのは人生初めてで、しかも学生時代はそこそこ
関わりもあった人だったのだけれども、何かこう胸に迫るような何かが
全然なくて。

少なくともayumiさんの訃報をブログで知ったときは、
会ったこともない人だったのに涙が止まらず、その状態はayumiさんを
思い出すたんびに続いた。半年近くたった今でも、ayumiさんのことを
思い出すと、激しい喪失感に見舞われて、涙が浮かんできてしまう。

友達が亡くなったと聞いて「え!」と思って一瞬止まってしまったけれども
私にとってはその後の「焼香に行くか行かないか」「誤解をよぶ書き方で
ごめん」的な同級生同士のぐっちゃぐっちゃのやり取りが煩わしくて

さらに言ってしまえば、友人を悼んでいるんだか、自分の仕事のことを
書きたいのかよく分からないメールが飛び交っていることも煩わしくて

まるで自分の平和な生活をかき乱されたかのような不快感しか感じず。

自分はいつからこんなに冷たい人間になってしまったんだろうと
そのこと自体が嘆かわしく、悲しく、

私としては、一人で静かに彼女の死を聞いたのであれば
彼女のお母様とご主人にお悔やみ状を郵送して、私なりに
静かに彼女の死を受け止めるつもりだった。

彼女の死を知人友人みんなで「偲ぶ」というやり方も
生前の彼女に対する「愛」を表現する方法として最適なものなのかも
しれないが、私には非常に負担であることが分かった。

とにかく焼香に行って、煩わしいこのやり取りを終了させたい、という
気持ちばかりが先走る。

亡くなった友人に申し訳ない。

最悪な気分だ。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-10-28 17:02 | 試練