What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

事後報告できる勇気ができれば

ブログ、放置気味です。(もう一個のほうのブログも手をつけられてない)

ツイッターで呟くと予想外に反応があったりして、その返信に会社の昼休み全部使ったりしてる毎日でw。モノ書くのは好きなんですが、そこまであれもこれも書いてられないんですな。でもこちらのブログでしか書けないこともあるので、ちょぼちょぼ続けていくつもりです。

この数年で、私は以前に比べて随分生き易くなりました。

その理由の一つとして、「物事の決断を親には相談しない。自分で決めて、決めたことについては事後報告する」ということができるようになったからだと思います。かつての私は「母にゴーサインを出してもらえなければ物事はうまく進まない」「母の反対することは必ず失敗する」という強迫的な思い込みがあり、自分が何か(それこそ着る服から娘の進路まで)を決断するときは、どんなに気が進まなくとも母に相談をするようにしていました。だから常に、「母がOKと言いそうなことを」選択するように、そして反対されて嫌な思いをしないように、ということばかりが物事の選択の基準になっていました。この家で同居する前まで、ずっとそうでした。

私が夫と最初に住んだ家は、1300万円の公団住宅でした。夫の年収は一般的なサラリーマン(決して低いほうではないが、取り立てて高いほうでもない)で、あとになって夫と同じぐらいの年収の人たちが新築高級マンションをどんどん買っている事実を知りました。私は夫の年収を軽く見ていたわけではなく、住宅ローンに35年間縛り付けられて生きていくのは絶対嫌だったのです。

この1300万の公団を買うとき、私は初めて母に「事後報告」しました。

そのときの母の怒りは半端なく、「もう1000万貸してやるからY市のマンションに買い換えろ」と執拗に言われました。(母は公団があったK市を軽蔑していました)

私たち夫婦がうつ病になったとき、これが私たちが親の言うことを聞かずに勝手に家を決めてきたからだ、と母が結論づけました。「お母さんの言うことを聞かなかったからだ」「お母さんの言うことを聞かなければ、こういうことになるんだ」「この家は方角が悪いと思っていた」

母の責め立てる言葉に、私はますます自信を失いました。

自分の人生を生きるってなんなのか、もうその感覚が失われていました。

結果的に同居して、、、

母は先見の明があるわけでもない、予知能力があるわけでもない、ただのオバサンだいうことにやっと気づきました。母に報告しなくとも、人生は失敗するときは失敗するし、成功するときは成功する。問題は、「母の了解を得ないと失敗する」と思い込んでいる自分が、物事をわざと失敗に追い込んでいることでした。わざと失敗するように知らず知らずのうちに仕向けて、「ああやっぱり、お母さんに了解を得なかったからだ」と毎回自分を納得させていたことでした。

母が気に入る選択肢を意識的に選び、嫌な思いをしないようにする…
それが一番辛かったのは、娘の出産・育児が始まってからでした。

ここで初めてカミングアウトさせてもらいますが、、

娘の名前は、母が私が小さい頃から「あなたにつけたかった」と言っていた名前でした。

私は娘の名前を決めるとき、母に反対されない名前を無意識的に選択しようとしていました。そうでないと、娘も私も不幸になるんじゃないかと思えたんです。娘の名前は娘がお腹にいるときから決めていましたが、私はどうしても愛着が湧きませんでした。娘には申し訳ないけれど、お腹の中にいるときに、娘の名前を呼んであげたことはありませんでした。ピンとこなかった。いや、もっとひどい言い方をしてしまえば、嫌悪感さえ感じました。

娘に小学校受験をさせようと言っていたのも、母が気に入る選択肢であることが分かっていたからです。そのときいろいろ言っていたおべんちゃらは、こじつけです。

賢い人(あるいは運の良い人)は、「こんな親に進路なんて相談したって無駄だ。事後報告でええわ。」と人生の早い段階で気づくんだと思います。淡々と自分で手続きをして、後で「やることにしたから」。これでいいんだと思います。

ところが私は、「お母さんはあなたたちを素晴らしい方向に導く力がある」「お母さんの許可なくやったことは絶対に失敗する」という恐怖を、ずーっと押し付けられて続けて、それが出産・育児の後も続いたのでした。

今の私は、恐ろしいほど母と会話がありません。自分の話を一切するのをやめました。私が何を好きで、何がしたいと思っていて、今何をしているのか。一切話をしません。仕事の話も、転職の話も、したことがありません。

もっと早くに「事後報告」の姿勢で臨むことができていれば、私はこんなに長いこと苦しい思いをしなくて済んだと思います。(まず、大学はなんとしても地方にいっただろうねw)

本当に、子供たちは逞しく、こすく、嫌な人間にアンテナの高い人間になってほしい。

私はずっと「純粋」「いい子」と言われ続けてきました。
その純粋さこそ、私にとって、母の毒を吸収する素地となっていたような気がします。逞しさが足りなかった。

つくば転居、
すべて事後報告の予定で、一つ一つの事務作業をこなしています。

2月になったら、「家決めました。明日引っ越し屋がきますので」と言って、出ていきます。

たぶん、それが一番良いと思います。

そうは決めていても、長い母のコントロール下から抜け出す前夜の緊張と、わずかな罪悪感で、最近不眠傾向にあります。心にものすごいストレスがかかっています。

しばらく、ピーンと張りつめた精神状態が続きそうです。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2012-09-16 23:24 | 子育ち