What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:たまご記( 18 )

出産覚書

f0199940_19564943.jpg


産後三週間にして悪露終了。一人目の悪夢があるので、信じられない。
産後はやはり安静にしていなければいけなかったんだ…!!

忘れないうちに北里大学病院での無痛分娩の流れ、覚書。
同病院で出産する方の参考になればと思う。

2010年6月29日

15時: 37週の定期検診にて、入院が決まる。
16時: 病棟入り
18時: メシ(無痛分娩の場合、ここから後は出産まで絶食)  
19時: ミニメトロを子宮口に挿入(痛みレベル:レベル3ぐらい)
21時: 就寝(ミニメトロが子宮口を開く痛みで、ほとんど眠れず)

2010年6月30日

5時: 看護士が起こしに来る。分娩管理室へ移動。
5時15分: 分娩管理室で内診。既にミニメトロ抜けてる。子宮口開大3cm。
5時30分: 浣腸!みぎゃーーーっ(何度やっても苦手~泣)
6時: 陣痛促進剤の錠剤を1錠飲む。
7時: 10分間隔の中度の陣痛発来。全然我慢できる。
7時10分: 陣痛促進剤の錠剤を1錠追加で飲む。
8時: 5分間隔の中度の陣痛が順調に来る。全然我慢できる。
8時30分: 陣痛が3分間隔になったため、陣痛促進剤の錠剤は追加せず。
9時: 陣痛促進剤の点滴を開始。(錠剤よりも点滴のほうが強い)
9時15分: 「最後のしんどい処置になるから、頑張って」と言われ、
       人口破水!(痛みレベル:レベル5ぐらい) さすがに脂汗が噴出す!
       子宮口に金具を入れて、羊膜をひっかけて破る処置!
9時30分: 麻酔科医登場。硬膜外麻酔の投入。
10時: 陣痛1分間隔。「いてて…」という声が漏れる程度に。
麻酔がなかなか効いてこない。オカシイ。
10時30分: 麻酔を足すが、なぜかお腹にだけ効かない…。うめき声が出る。
11時: 子宮口開大6cm。まだ麻酔が効かず、また足してもらう。
12時00分: 麻酔が効き始める。「よし!睡眠を取って体力温存するぞ!」と
        寝体制に入る!
13時00分: かなりいい心地で寝ていたら、「わっ!もう全開大!!」の声で
        目が覚める。
13時30分: 「赤ちゃんの頭が見えてる!」という声とともに、スタッフが緊迫した
        ムードに。分娩管理室が分娩室に高速で移動させられる。
13時43分: 2回いきんで星太誕生
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-20 20:02 | たまご記

出産日ほぼ決定しました

f0199940_21114523.jpg


36週検診に行って参りました。今週から週1の検診になります。

仕事休んで安静の毎日を送ってたったの数日だったわけですが、
なんと妊娠中毒症の症状が相当改善していたみたいです!!
やっぱ出勤が相当身体的・精神的ストレスになっていたんだわな~。

で、今日…半年ぶりぐらいに内診したんですが…(あ~もうイヤだった…)

もう子宮口が開いてきているそーなので
来週か再来週の出産にしましょうとのことでした。

で、来週は担当教授先生さまが厚生大臣に呼ばれているので外来ができないとのことで
やっぱ38週がベストタイミングなんじゃないの~?って感じで(笑
まあ37週にやばそうな気配があれば、来週出産にしましょうとのこと。
どうなるかな…。

担当教授先生さまの読みどおり、38週の出産になれば
ベビーのお誕生日は7月7日の七夕の日になります♪

私が6月6日生まれなので、なんか嬉しいような…。

娘も予定日は12月12日だったんだけどね…。
計画分娩で一週間早く出してしまったので、誕生日は12月5日。

結局、お腹の人の性別はよく分からないままだったのですが
私は勝手に男の子だと確信しているので、
七夕生まれの彼は、「星太」(せいた)というお名前になる予定です。

38週以前に陣痛がきた場合…
どうなるんだろうか。
考えたくない…。陣痛119番も断られまくって、結局どこも登録できてないし。

とにかく最長でも妊婦生活はあと二週間!
ゴールが見えてきたー!
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-06-22 21:21 | たまご記

近づいてきた

妊娠中毒症の症状が少しずつ出てまいりました。(思ったとおり)

血圧が上がれば、37週を待たずに産ませるそうです。
浮腫が相当辛そうなので、37週(6月29日)の出産も検討しましょうとのこと。
どうなるかは最後までわかりません…が、

こんな状況でも見て見ぬフリで働かせるうちの職場に切れそーで(笑
月曜も火曜も浮腫があまりに辛くて会社休んでたのに
みんな見て見ぬフリだし。

もうなんか段々、クビにしてくれていいわって気分になってきたというか。
仕事したって、保育料でほとんど取られちゃうしな~。

こういうこと考えるのも体がしんどいからか…。

とりあえず派遣会社に連絡して、在宅勤務にシフトしたいと言っておいた。

あと、娘が六月に入ってからかなり疲れ気味。
六月って本当にイヤなのだ…。休日がないうえに、気候が不安定で
娘は毎年必ず何か病気をもらってくる。

会社休んでる日は、バスで14時に帰宅させて、ゆっくりさせている。
出産直前に病気をされたら、気になって出産どころじゃなくなるので
来週はなるべく延長保育を使わず、バス帰宅させようと思う。

第二子の出産のスゴイところは、

出てくる子供のことよりも、今いる子供のことのほうがずっと気になる。

出てくる子供とは、まだこの世で交流を深めていないわけだが
娘と私には3年半の歳月に築き上げた信頼関係がある。

自分のお腹で育ててアソコ(笑)から出てきたなら
無条件でイトオシイ存在なのだろうと若かりし私は勘違いしていたが
私は娘が可愛いと思うまで、2年も3年もかかってしまった。
だからこそ、娘と築き上げた3年間の信頼関係はものすごく大切!なのだ。

本当は出産のために5日間も入院したくないんだよな~。
娘の顔が見たくて切なくなりそうだ…。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-06-16 22:29 | たまご記

陣痛119番

先日、産科の先生と夫と、計画出産日について少し話をしました。

出産が近くなってきて改めて、産院が家から遠いことが不安材料となっています。
距離的にはそれほど遠いというわけではないのですが、
病院に行くには「国道16号」という大渋滞道路を必ず経由しなければならず、
ここの渋滞にひっかかると病院まで2時間はかかってしまいます(!)。

まず恐ろしいのが、経産婦はお産の進みが非常に早いということ。
私は娘の出産のときにもお産の進みがかなり早く
前日の子宮口を開く処置でいい陣痛がきてしまい、
他の妊婦さんたちを追い越してあっという間に6cmまで開いてしまいました。
(だから麻酔分娩といっても、6cmまでしっかり陣痛を体験しました。
あんまり痛くなかったけど…笑)

夫としては37週を迎える6月30日に計画出産をして欲しいとのことですが
先生の見解だと正期産に入ってすぐの37週は一般的には早いとのこと。
とにかく子宮口の様子と赤ちゃんの下がり具合を見て判断しないと
却って難産になるので、今の段階じゃあ何とも言えないとのことでした。

で、万が一家で産気づいた場合にどうすっかな~と思っていたわけですが
タクシーって陣痛とか破水の妊婦は乗車拒否するんだそうです!!
(まあ破水の場合はいろいろ処置が必要なので分かるんですが…)

これじゃあ日中に突然陣痛が来た場合に移動手段がナイ!

そう思ってアタフタといろいろ調べていたら、「陣痛119番」というのがあるそうで!
うちの近くのタクシー会社だと3社しかやっていないようですが
登録しておけば、急な陣痛時に病院まで運んでくれるそうです。
(ただし、破水した場合は途中で救急車に乗り換えることが条件)

ともあれ、なんとか計画分娩がうまくいけばいいんですけどね。
家で陣痛ってのだけは避けたい。

娘のときは37週で子宮口が既に2cm開いていましたが
今回もそれぐらいのペースだと助かるなあ。
38週には出産したいところです。。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-06-03 21:39 | たまご記

なんでーっ

妊娠六ヶ月目にして、押してへっこまないひどい浮腫が!!
早くも妊娠中毒症の初期症状が出てきました!!
でもまだ六ヶ月なのに!!(娘のときは臨月に出てきた)

疲労やストレスがたまると浮腫がひどくなると言いますが
赤ちゃん返り全開の娘の世話をしながらの妊婦生活、
なかなかストレスフリーにはいきません。。。

妊娠中毒症の恐ろしさは娘のときに思い知らされているので
もう泣きたいです!!

ところでお腹の子の性別ですが…

エコーに明らかに娘のときにはなかったものが股についていたような…。
なんていうんですか、睾丸ってヤツですか…。

先生が股の部分をうつすたびにその丸いデカイものが気になって
「これは男の子では…」と思ったわけですが

先生は間違えて訴えられかけた思い出があるとかで
はぐらかすんですな~。

男の子だったら面白いなあ。
まあ元気だったらどちらでもいいんですがね。

とにかく中毒症をなんとかしなければ!
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-03-04 12:35 | たまご記

寒いからか

f0199940_189414.jpg


ここ数日は寒かったですね。

夫は教会の駐車場誘導員の係だったため、ものすごく可哀想でした!
ものすごく体力を消耗したらしく、ミサ後帰宅してからずっと眠っていました。

私のほうはやっぱり体調が思わしくないというか。
妊娠中に「今日は体調バッチグー!」なんて日はなかなかないんですが。

娘の妊娠時と違い、つわりは軽く×長くという、
かなり精神的にも肉体的にもこたえるコースを体験しています。
このままだったら出産までコースもありかもしれない…orQ

食欲は全然あるのですが
食べ物や飲み物を入れた直後の、胃の噴門部の閉まりが悪いというか…
特に飲み物は重さが少ないので、そのまま出て来てしまうことが多く…
調子の悪いときだと、吐いてしまいます。

娘に「汚いなあ。」と言われたのがとっても傷つきました…。

産まれてしまえばいい思い出?といいますが
私はやっぱり、産まれた後の体の楽さが忘れられないなあ。

しんどい…。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-07 18:15 | たまご記

五ヶ月健診


f0199940_1232372.jpg


遂に妊娠中期に入りました。俗に言う「安定期」ですね。

今日は雪のせいか健診に来ている妊婦さんも少なく、珍しく一時間待ちでした。

赤ちゃんはいつもどおり、ぐっすり眠っていました…。
娘のときはエコーにうつるときはいつも活発に動き回っていたのが印象的でしたが
今回の赤ちゃんはいつ映しても眠っています…。大丈夫かいな。
今日は珍しく頭を下にして、子宮にもたれかかるようにして眠っていました。

さて、うちは大学病院で、私の場合は一番おエライ教授先生に見て頂いているので
「性別は…」とか聞いても、「忙しいからほんと勘弁して…」と言われてしまいます。
確かに先生、月の平均労働時間が400時間超え、それにプラスして
論文執筆や講演会でぎっちり。もうほんと、性別なんてどうでもいいですから!な状態。

…でも知りたい。
性別だけ見てくれる病院ってないものだろうか。

大学病院で産む面白さ。
それは研修医たちの実験台になれることです!

実際に産む現場でも、うちの病院では20人~30人の研修医たちが
おまたを覗きこみ、出産の一部始終を見るんだそーで。
出産が終わると、30人の研修医から大きな拍手と歓声があがり
カメラなんか持っていったら、生まれた瞬間の母子を撮影してくれるそうで…

初めてお産を見学する研修医は、感動して泣いてしまったりするんだそうです。

今日の健診では、研修医にやたらと腹を押されるので
「何をするっ」とガンとばしてやったら
「妊娠子宮の柔らかさを体感するように、教授先生に言われた」そうで。。

この中の何人が産婦人科に行くかといわれれば
まあほとんどいかないんでしょうけど…

一番感動的な経験が出来るんじゃないかな…

さて、性別診断してくれる病院を探すかね…涙
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-02 12:43 | たまご記

味覚障害の原因


もうあと数日で妊娠中期という時期に入りますが、
今回はどうもツワリがすっきりとは終わらない。
非常に不快な日々を過ごしています。

なかでも困ったのが「味覚障害」です。
食べ物が全般的に苦く思えたり、酸っぱく思えたり、
その後味が気持ち悪くて吐き気がしたり…

娘のときは、出産までこの味覚障害が続きました。
本当に辛かった。

調べてみたところ、妊婦は14週を過ぎると
赤ちゃんに亜鉛をがっつり取られてしまうそうで…

亜鉛が体から不足すると、味覚障害が起こるのだそうです。

というわけで、サプリで亜鉛を補充することにしました。

娘のときはこの味覚障害のおかげで
とにかく味の濃いものでなくては食べられなくなり
しっかり妊娠中毒症になってしまいました。

妊娠後期は異常な高血圧と
靴すらはけない浮腫みに相当苦しみました。

今回は、妊娠中毒症にならないように
細心の注意を払わねば…。

本当に妊娠中のいかんともしがたい体調というのはキツイです。

これが人生最後の妊婦生活だ…!と思って耐えていますが
毎朝起きると憂鬱になってしまいます。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-01-28 12:47 | たまご記

地獄終了!!


あーー、14週手前でツワリ終了しましたーー!!(涙)

9週から13週までの、嘔吐わずか3回の、軽症で終わりました。
ツワリによる欠勤もナシ!!

妊娠前は、「もしかしたら仕事辞めることになるかもなあ」とか
「大学病院は妊娠悪阻で入院させてもらえるのかなあ」とか
ツワリに関する覚悟は相当なものだったので、
とにかくホッとした…。

f0199940_19392224.jpg


f0199940_1939328.jpg


娘、人生初の観覧車でものすごく嬉しそうです。

娘のときは出産まで続くツワリで、「もう二度と妊娠なんてしないよ!」と
夫に毎日毎日怒鳴り続けていました。

産んでからも二年ぐらい、「あのツワリがくるから妊娠はしたくない…」と
思っていたぐらい。

乗り超えられるんだなあ。

しかも今回は育児と仕事抱えてたというのに。

なんかこれだけで、人生の大仕事を終了したような感じです。。。

次は出産なわけですが、
まあ経産婦だし、無痛分娩だし、これは割と恐怖感なくやれそうです。

今日は娘と「地獄」ではない「プリン」を作りたいと思います。
作ったらあとでアップしまーす。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-01-16 19:43 | たまご記

バランス


つわりがどんどん悪化中。もうやだ。
(娘のときも、13wあたりからが佳境だったと記憶する)

今朝は起床一番に胃液がびゅーーーーっ
喉の奥が焼け付くようで、あまりの不味さに悶絶。

昨日は職場のトイレでおぇーーーーーー。
座ってたときにやってしまって、後で泣きながらトイレ掃除。

グラグラになって仕事してた今日の昼間、
大学時代の友人から「○○大学の専任講師に就職決まった!」とメール。
めでたい。

私の友人で、子供が産まれて名門・東大の心理学の修士を中退した人がいる。
今は専業主婦やりながら、子供を小学校受験に向けて勉強させているようだ。

「自分は何足ものワラジって履けない性格なんだよね。一つのことに
ものすごく集中しちゃうっていうか。だから、大学院辞めたよ~。」とあっさり。

その後は、全く連絡が取れなくなった。年賀状すらスルーされる。

今となってみると、彼女の気持ちも、生き方も、納得がいくというか。

人によってバランスの取り方って違うと思うんだよね。

昔、独身の女性から、「妊娠して仕事辞める人ってよくいるけど
あれって勿体無いよねえ」と言われて
「勿体無くない!」とムキになって怒った自分がいた。

こうしてツワリに苦しみながら出勤していると良く分かる。
妊娠しながら出勤するのって、本当に過酷だ。
私は朝の通勤バスからして地獄だ。何度途中下車して吐きたかったか。

こうして仕事場にいながらも、夫に「仕事辞めたい」「もう勘弁して欲しい」と
さんざんグチメールを書きなぐっている。

要は、妊娠というものと仕事というもののバランスの取り方だって
人それぞれだということだ。つわりがなけりゃ、私だって仕事ぐらい余裕だ。

そして、まもなく子供が二人になる。病気をしたら期間が二倍になる。
娘ももしかしたら小学校受験をさせるかもしれない。
そうなると、仕事する女を気取っている精神状態じゃなくなる、多分。

仕事も、育児も、子供のお受験も、
ぜーーんぶしっかりこなせるママもいるかもしれないけど

そういうの全部しっかりこなせることを理想とするあまりに
焦ってしまって、無理してしまって、病気を悪化させた自分がいた。

自分にとってちょうどいいバランス感覚を知っておくのも
健康に生きる秘訣なのだということがこのごろ分かってきた。

私にとっては、大学時代の友人というのは
自分を焦らせる人たちがいてどうにも困ったものなのだ。

そりゃ天下のK大学出身者だもの、
みんな出世してるし、私みたいに育児優先で派遣社員やってるほうが
珍しいよ。

でも、彼らの動向なんて関係ないところに生きていれば
私は今のバランス感覚が一番自分に適していて
娘にも自分にも優しくできるいいポジションなんだ。

人間関係の棚卸しってイヤな言葉だけど
二人目の子供が生まれたら、やっぱり必要かなと思う。

今生きているこの場所が一番大事だから。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-01-13 12:44 | たまご記