What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

づかれたーー

ここ数日の娘の荒れまくり状態にフラフラです。

食事すら作らせてくれない。「ママ、一緒にいてーーー!!」と号泣。

夫もものすごく手を焼いているみたいで…
たまに早く帰ってきてくれても、娘の反抗にげっそりしているので
残業代出るし、遅く帰ってきてくれていいよ…と思わず言ってしまいました。

私も会社にいるときがしばしのくつろぎの時間というか…

参ったねえこりゃぁ。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-26 12:42 | 子育ち

娘がよく分からない

f0199940_12374857.jpg


洗礼志願式の写真です♪

ここのところ、娘が急に聞き分けが悪くなったというか
私が困ることばかりを敢えてするようになりました。

お腹が大きくて苦しいのに首に手をかけてぶら下がったりとか
肩車や乗馬を強制してきたりとか

夜寝ているときも意識が冷めているらしく
私が夫側の布団に移動すると、私を手で羽交い絞めにしてくるし。

おまけに口まで悪くなってきて、今朝は何度叱られても
「パパのば~か、ば~か、ば~か!」

階下の祖父母に対しても
「やなこったい!べーーーっ」「じいじもばあばも大嫌い!」等々。

そのくせ夫に対する依存が強まっていて
「今日もパパ仕事遅いの?」「三人でご飯食べたいよ~」
「保育園のお迎えはパパとママと一緒にきて!!」と毎日毎日…。

お腹の赤ちゃんが産まれること自体は「楽しみ!早く出てこないかな!」
と言ってくれるのですが…

とにかく態度が急に悪くなって、こちらも戸惑いが隠せません。

何よりも、体力が磨り減りまくっている妊婦な私としては
上から乗っかられたり、ぶらさがられたりする毎日は
もうヘトヘトのフラフラなのであります。

これって「荒れて」んのかなあ?

よく分からなくてつらい・・・。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-23 12:44 | 子育ち

いろいろジレンマ


すみません、風邪でダウンしまくってます。

木曜日は仕事休んで、金曜日は荷物の出荷だけ済ませて早退。
日曜日には洗礼志願式があって、それはそれは感動的な瞬間だったはずですが
風邪で調子悪くて、もはや前後不肖状態。

な…なんか花粉症のような気もしてきたが。

週末に超久しぶりに夫とちょっと喧嘩。

なんつーかなー

夫は私の一番の理解者であって、私の劣等感とかどうしようもない気持ちとか
馬鹿にせず受け止めてくれる唯一無二の人なんだけども。

夫自身が超エリート階級の人々の一員であるということが
お互いの「ズレ」を生んじゃうんだよね、いつもいつも。

私自身、指導教官があーだこーだ言うのを気にせず、
修士で就職活動すればこんな人生になんかならなかった!とか
日本で新卒で就職しないということは、こんなにワーキングプアから
這い上がることを難しくするのか、とか
第二子が大きくなってから転職するにせよ
この年齢制限社会ではもうどうにもならんだろ、とか

あれこれ日本社会のクソ味噌なところを指摘していくと
今の自分の身の上に感謝するとか全然できなくなっちゃって
結局、そういう苛立ちの矛先になるのは夫なんだけど

夫はK大学出身群のなかでも、M井先生というインターネットの草分けみたいな
有名教授のもとで修論書いてて、

ゼミの仲間といえば、NT×とか、SON×とか、いわゆるかっちょいー大企業に
みんな就職してて

私はもう夫と同じK大学を出てるとしても、
もっと普通に(?)、毎日黙々とやってる人たちのこと以外知りたくないんだけど

夫がつるんでる人たちってのが、
世の中のなかの1%に入るスゴイ人たちなわけ。
で、彼らはM井先生の教え子とあって、インターネットでやたらと登場率が高いわけ。
そうすると、見たくもないのに姿が見えてしまうというか。

よーくよく考えてみたら、もっと地味に暮らしているK大学出身者だって
いっぱいいると思うわけ。

もうおんとし32歳なわけだから、そろそろ子供とか産んで
マイペースに働いている人も多いんじゃないの?

なのに、夫の交友関係は、いつもその1%の超活躍エリート組ばっかなわけ。

そうすると、いつも私を慰めてくれる夫って一体なに?って
思っちゃうわけ。ひねくれてる私としては。

この劣等感ってさー、

育児してる限り消えないもんなのかね。

育児自体は楽しいし、子供も可愛いのにね。

同じK大学出てて、何やってんのかね、自分…という気持ちが
365日24時間つきまとってるってのはどういうことだろうね。
これが夫の顔見るといつも蒸し返されるってのが絶望的。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-22 12:58 | 試練

ご主人様の労働はエライ

ここ数日、娘の調子がいまひとつであった。

週末、食べてはすぐに下痢…を繰り返していたが、保育園でも午睡後に
お迎えコールスレスレのところまで熱が上がる日々が続いていた。

私はといえば、妊婦恒例の風邪祭り。
娘から頂いた風邪で、今冬6回目の風邪をひいている。
娘のときは、臨月以外は春・夏がメインだったため、
ほとんど風邪をひかずに済んだが、今回はかなりシビアだ。

昨日に引き続き、激しい頭痛と鼻水、全身のだるさが抜けない。
風邪っぴきの娘を、風邪っぴきの妊婦がケアするというのも
結構なかなか体力勝負だった。おまけに今は薬も飲めないので
間違いなく長期化するだろう…ぐぅー。。

16時までの仕事とはいえ、妊娠中のすぐ息切れするカラダで
帰ったら娘の工作やら字の練習やらに付き合ってやり
娘がテレビを見てくれる30分の間に超高速で家族の食事を作る。
食後娘と風呂に入ったら、もう意識が半分なくなっている状態で
21時には就寝する。次の日は家族より早く起きて、弁当を作る。

下で同居する母には、
「毎日21時に寝てるのに疲れるなんておかしい」と毎日責められる。

それに対して、
夫は23時に帰ってきてから皿を洗っているだとか、洗濯をしているだとか
週末も仕事で疲れているのに家族のために頑張ってるだとか
いつもいつも母が私が不出来なように言い、義息子をねぎらう。

なんかこれってものすごく納得がいかない。

母いわく、保育園に入れて仕事しているのは
「他人に子供を育てさせて楽している」んだそうで。

でもって、「男の人とは稼ぐ額が違うんだから、
仕事の価値が違う」と言われる。

確かに、毎日毎日残業する男たちは大変だと思う。

夫は帰宅時間も就寝時間も私よりはるかに遅い。

それでも私、仕事のことだけ考えてればいい毎日も憧れるよ。

仕事しながら、
ちょっと調子の悪い娘のこと心配したり
帰ってからの献立をネットで調べて早めに組み立てておいたり
とにかく思考回路が分散して分散して、
そのせいか疲れて疲れて…

そりゃ夫と私の収入は恐ろしいほど違うけど、
はっきりいって私の収入がなければ、家計は破綻だよ。
認めてくれとは言わないけど、そこまで「無意味」だと言われたり
「子供他人に育てさせるさぼりの手段」みたいに言われるのは
納得いかないな!

こちとら派遣社員で、産後もおちおち休んでるわけにもいかず
正社員だったら育休とか取って、金もらって一年も休めるのに
産後一ヶ月から在宅ベースだけど仕事復帰しなくちゃいけない。

男が仕事するのはねぎらわれるに値するのに
女の仕事は子育てさぼる材料なのか?
そんな材料のために、誰が産後一ヶ月で無理くり復帰するかよってんだ。

妊娠して思うようにならぬ体もつらいし
風邪ひいてようとなんだろうと休めぬ育児。
これに仕事が加わるってのは本当に大変なことなのに
21時に寝ることを責められて
movi夫が23時に帰って皿洗いすることがそんなにエライのか!!

もう私は女であることがイヤになるぞ!!
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-17 12:01 | 労働

娘の自由さに惚れる

f0199940_18284710.jpg


今日は池袋なんて大都会に久しぶりに出て、
娘と一緒に会社の人たちとパフェを食べてきました。

娘は会社の女の子たちにエラク可愛がってもらい
いろいろ買ってもらって大興奮。
家帰ってグッスリ…

娘は大人が自分をどう思ってるかなんて気にせず
いっぱい笑っていっぱい調子に乗れる子で
本当に素敵だなあと!

私が娘ぐらいの頃はと言えば、
大人とどこかにでかけると、必ず後で母親に一言二言言われるのが怖くて
ほとんど口も利けず、表情すらも動かせなかったのを覚えています。

「今日あなたぶりっ子してたでしょ。大人には全部分かるのよ。」
この辺の言葉が幼心に一番コタエタな~。。

大人は全部見透かしている。
自分が何かすると大人はみっともないと思ってる。
今日はお母さんに何を言われるだろう?

小さい頃はいつもいつもそんなことを考えていました。

怖いことに、こういうことでビクビクする性格って
大人になっても全然抜けない!!

いまだに自分よりも上の立場の人なんかと一緒になると
「後で叱られるかも!!」と思って、身構えっぱなし。

そりゃー私だって
娘が調子に乗ってるのとか
わざと幼児語使って会社の人たちに甘えてるのとか
よーく分かっていたけれど。

やっぱそれ指摘して注意するのって
良く分からないけど、子供に対する裏切りというか侮辱というか
子供なりの行動をバカにしているみたいでイヤなんだよな。

娘が帰りの車で
「ママ、楽しかったねえ、お姉ちゃんたちとまた遊びたいな」
と言ってくれたとき、本当に嬉しかったです。

楽しかった、とか
嬉しかった、とか
悲しかった、とか
苦しかった、とか

いろんな気持ちを「感じてはいけない」気持ちとして大人が抑制したとき
子供は一つの心の病を、生涯背負っていかなきゃならないことになるんじゃないかな。

今日はバレンタインデー。

夫にはケーキと、大きめのお弁当箱をプレゼントしました。
明日からまた、お弁当作りが始まる…。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-14 18:42 | 子育ち

正常と異常の境


今、毎日がとても落ち着いている。
自分が自分として生きている現実感がきちんとある。

こうして落ち着いて初めて、鬱病という病を
「過去」のものとして冷静に考えることができるようになった。

「正常」と「異常」の境ってどこにあるんだろう。

当時(鬱病の頃)、私は自分が「正常」であると信じていた。
悪いのはみんな周りだと思っていた。
そして些細なことで激昂し、周囲に当り散らしていた。

場所を選ばずに襲ってくる貧血症状
全身ガチガチになった筋肉のせいで吐き気が止まらず
自分でも分かるほどに人相が変わってしまった。
夜中に何度も夢を見て叫んで飛び起き、
食欲が出ないため体重は極限まで落ちた。

それでもちょっと体調が悪いぐらいにしか思っておらず
精神は健全そのものであると思い込んでいた。

鬱病急性期の頃、
義理の妹に「人の言ったことを曲解したり、何でも悪く取ったりするの
やめてもらえません?もういい加減疲れました。勝手にして下さい。」
というメールを突然もらい、これに対して激昂。

義母に「あんた一体どういう教育してんだよ!!」と怒鳴り散らし、
義理の妹には「そんなんだからおめーはいつまでたっても結婚も
できねんだよ!!」と怒鳴りあげ、

以降、夫の実家からは絶縁されております(笑

難しいのは、
「あれは鬱病のせいでした。ごめんなさい。」と謝ったところで
「そうなんだ、辛かったね。もういいよ。水に流そう。」という風には
絶対ならんだろうなあと。

だから夫の実家に対してはもう何もアクションを取りようがない。

あの一件で、完全に「異常」認定されてしまったので。

人間ってさ、
人生の様々な部分で「正常」でいられないときって出てくると思うんだな。

うちの父親ひとつ取っても、
アルコール飲んだら人格180度変わるし、
一時期認知症の疑いがあった頃も、
もう尋常じゃなくイライラしてすごかったし。

家族だってそんな「異常」さを目の当たりにしたら逃げ出したくなるのに
赤の他人はそんなところを見て「あーあー、あのときは異常だったのね。
でも正常に戻って良かったわ~」とはとてもいかないわけで。

だから、あのときに一度「異常」認定されてしまったら、
もう二度と「正常」な私は見てもらえないんじゃないかと思う。

「鬱病」の難しさって
家族や知り合いがまるで別人になってしまうところにあるんだと思う。

なんか何が言いたいのか分からないエントリーになってしまった…。
妊娠中って文章かけねーなー(笑
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-11 19:45 | 試練

突拍子もない?


双極性障害の特徴として、躁状態時に突然、突拍子もないアイディアを
言い出したりすることがあるのだが…

医師にこの病名を告げられて以来、私は「何かがやりたい」とか
「何かが面白い」ということに対して、すっかり臆病になってしまった。

つまり、今こんなことが面白いと思っているけれど
どうせ病気が言わせてんだろ、とついつい思ってしまって。

ここ数日、やっぱり幼い頃から持っていた夢が捨てらんないなあと
実感してしまっている自分がいるのに、

また突拍子もないことを病気が言わせてやがる、と
なぜか自己嫌悪になってしまったりする。

その辛さが、言葉の刃となって夫に向けられる。

自分のことを一番信用していないのは自分なのに
「夫が突拍子もないことを言い出した自分を馬鹿にしている」と
なぜか主語が夫に置き換わって、夫を攻撃してしまうのだ。

私の幼い頃から持っていた夢は、一度叶いかけた。

そう、娘と一緒にアメリカに行くチャンスが出来たにも関わらず、
私は周囲に大迷惑をかけてそれをオジャンにした。

結局、突拍子もない思いつきに過ぎなかったのかな、あれも。

…でも言い訳をさせてもらうと
私は娘と一緒にアメリカで生活することに対して恐怖を感じたわけではなく

指導教官のもとで博士論文を書く自信が全く無くなってしまったなかで
学振に成果を出すことをプレッシャーかけられる毎日は
もうたまらんと思ったからだ。

博士論文は英語で書けと言われた。

これってものすごいことで。

日本の大学院に行っていて、
周りにまともに英語のライティングを指導してくれる人もいないなかで
私は毎日毎日下手くそな英語の文章と取っ組み合いをしたけど
もう正直死にそうだった。逃げ出したかった。(結局逃げ出したけど)

学者になるんだったら、英語とスペイン語で論文ぐらい
さらっと書けて当たり前ですよね、ということを平気で言う指導教官だったので
私は「無理だよ!」ということを誰にも言えないまま、助けを誰にも求められないまま
毎日鬱々として暮らしていた。

そのとき、指導教官は、既に学位を取った先輩の話を引き合いに出した。

「Nくんは、英語で博士論文を書きましたよ」
「コロンビア大学の人類学者の親友と二人三脚でね…」
とぺらぺら喋っていたけれど

私はこのとき、もうアカンと思った。

N先輩は、ばりんちょの帰国子女。普通の会話も英語で出てしまう人。
おまけに、高校時代の親友が、コロンビア大学の人類学者。

あのとき、どれだけ悔しかったか、分かる?

私にもっと知的資源があったら…
少なくとも論文さらっと書けるぐらいの英語力があったら、
あるいはいくらでも添削してくれる人的資源があったら、
博士論文は書けたかもしれないのに。

いや、そもそも日本語で書いてOKって言ってくれる指導教官だったら(笑

あのときの悔しさ、忘れられないんだよね。

でもさ、

ビジネスの世界に入ったら、私なんて完全に英語ベースの仕事なんだけど
実はそれほどの英語力っていらなかったりする。
論文書くような難解な能力は必要なかったりする。
少なくとも、相手に自分の意思をしっかり伝えることができれば、
それほど気負う必要もないんだよね。

今まで、ものすごい英語コンプレックスがあったんだけど
意外とビジネスベースであれば、なんとかなるかもしれない…と
勤務二年目にして思えるようになった。

学者世界は頭がいい人が多すぎて
私は沢山のコンプレックスにまみれてしまったよ。

でもようやく、等身大でも頑張ればなんとかなるかなあと。
やっとそう思えるようになってきた。

でも、娘と二人目のべびちゃんには
私みたいな悔しい人生を送ってほしくないんだよ。

学者として論文書く人生だろうが
ビジネス英語のみ駆使すれば良い人生だろうが
英語なんて関係ない人生だろうが

「ああ、英語さえできれば…」という
このわけわかんない悔しさを味わって欲しくないんだよ。

これを、「日本人として産まれたんだから国語が大事」とか言ったら
7年間も学者の世界で揉まれてきた意味ないよね。
そのうち2年間も、アメリカで揉まれてきたんだし。

もう自分が病気だとか思って逃げるのやめる。

幼い頃から持ち続けてきた思いは、突拍子もない思いであるはずがないじゃないか。

あと三年は日本で頑張るぞ!
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-10 12:51 | 日々の糧

冬の朝は…

f0199940_12464680.jpg

f0199940_12465452.jpg


毎朝、起きるのに苦戦している娘です。

早く暖かくならないかなあ。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-08 12:47 | 子育ち

寒いからか

f0199940_189414.jpg


ここ数日は寒かったですね。

夫は教会の駐車場誘導員の係だったため、ものすごく可哀想でした!
ものすごく体力を消耗したらしく、ミサ後帰宅してからずっと眠っていました。

私のほうはやっぱり体調が思わしくないというか。
妊娠中に「今日は体調バッチグー!」なんて日はなかなかないんですが。

娘の妊娠時と違い、つわりは軽く×長くという、
かなり精神的にも肉体的にもこたえるコースを体験しています。
このままだったら出産までコースもありかもしれない…orQ

食欲は全然あるのですが
食べ物や飲み物を入れた直後の、胃の噴門部の閉まりが悪いというか…
特に飲み物は重さが少ないので、そのまま出て来てしまうことが多く…
調子の悪いときだと、吐いてしまいます。

娘に「汚いなあ。」と言われたのがとっても傷つきました…。

産まれてしまえばいい思い出?といいますが
私はやっぱり、産まれた後の体の楽さが忘れられないなあ。

しんどい…。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-07 18:15 | たまご記

幼稚園と保育園の違い


昨晩は夫の初恋の人(なんと高校から大学までずっと好きだったらしい)を
ネット上で発見してしまい、とても複雑な気分だった私です。

超美人だし。
でも同業だし(といっても向こうは国家公務員ですけどネっ)。
まだ独身みたいだし。

イヤな感じ。

さて、娘の幼稚園入園が近づいてきました。

先日は説明会に出てびっくり!!

幼稚園グッズはほとんど「お母さまの手作りでお願いします」!!
子供用エプロンまで「既製品はやめてください」!!!

保育園は母親が働いていることが前提なので、
こういった母親に負担をかけるようなお願いはほとんどされないのですが
幼稚園ってやっぱりカルチャー違う!!

もう私、
この「お母様の手作りのほうが愛情を感じます」とかいうお触書が
死ぬほど嫌いなので!!!

全部既製品で済ますことにしましたよ!

f0199940_12463325.jpg


こんなん、819円だし。
娘の名前にちなんでカエルさん柄ゲット。

f0199940_12482313.jpg


お弁当袋からシューズバッグから8点ほど購入して4,500円。

私がミシン踏んでひーひー言いながら作るより、ずっと良し。

やはり保育園と幼稚園って随分カルチャーが違う印象を受けます…。
今年は幼稚園ママデビューと出産が重なっているので、忙しい年だわ。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-02-04 12:50 | 子育ち