What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

BBQ行ったそうな

今日は山手カトリック教会の英語ミサの皆さんでBBQ大会@米軍基地が催され、
夫と娘の二人で参加してきたようです。(私はもう腹バンバンで、家で静養ですよ)

f0199940_21234960.jpg
f0199940_21235899.jpg
f0199940_2124752.jpg


ホットドッグを二本も食べて帰ってきた娘でした。

f0199940_21241798.jpg


帰りに夫の院時代の指導教官の方と合流し、
お誕生日が四日違いのSくん(超仲良しです)と遊んで帰ってきたそうです。

f0199940_21242541.jpg


お腹バンバンな私をアップしてみる。
現在妊娠33週(9ヶ月)。
あと三週間で臨月!!

娘のときの記憶だと、臨月に入ると一日おきにお腹が大きくなったような…。
今でもスゴイ腹なのに、これがまだまだどんどん大きくなるんだな…。
考えたくないですが、あともう少しです。頑張ります。

この頃体がしんどくてイライラしがちで
娘にも夫にも当たりまくっている感じです。いけないな~。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-30 21:30 | 子育ち

髪のびた?

f0199940_21371845.jpg


少し髪のびてきました。

かーわいー♪
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-26 21:37 | 子育ち

イクメンねぇ…

f0199940_20544023.jpg


そろそろ横のモミアゲをお切り申し上げましょうかお嬢様!

近頃、寝てても座ってても息切れで苦しく、なんかいっときも休んだ気がしない日々。
週末とか、もう動く気もしない。少しずつ休日育児を夫に移行中だ。

最近は「イケメン」ならぬ「イクメン」(=育児するmen)が格好いいらしい。
定時で退社して家帰って育児するmen。子供が熱出したら、取引先に頭下げて
看病に帰ってくるmen。これが格好いい男なんだそうだ。

バーカ いってんじゃねえよ。マスメディアは相変わらず頭空っぽだな。

こういう男が格好いいっていう煽りを散々うけて、
夫婦で崩壊してしまったのが娘の産後だったよ。

この日本で、育児のために毎日定時で退社できるような会社なんて
相当特殊なんだよ。労働者の権利なんてないも同然なんだから。

それ以上に、世の中にはいろんな職種があり、いろんなワークスタイルがあり
いろんな育児「参加」の仕方があり、いろんな夫婦の価値観がありってことを
all 無視して、「これがトレンド~♪」と豪語するのがマスメディアのバカさ加減だと
社会学7年もやってて、肝心の自分が気づけなかったってのは恥ずかしいったらもう。

「イクメン」の例にあがってたトレンディな男ってのは
某スリングで有名な北極◎ろくま堂の営業担当さん。
毎日定時退社で、育児に積極的参加だそーな。

もうバカかアホかと。

うちの夫は大手IT企業のシステム担当。
動きの早いIT企業では、残業しないで業務こなすなんて無理。ええ絶対無理。
それ以前に、残業手当なしにまともな生活ははっきりいってできません。
うつ病管理期間中は夫は残業ができず、次の給料日まで数週間あるのに
銀行残高数万とかそんなんしょっちゅうでしたもの。ほっほっほ。

私にとって第二子を作るにあたって乗り越えるのが一番大変だったのがコレ。

つまり、世の中にはいろんな職種があって、
残念ながら夫が最も力を発揮できる職種が、
たまたま残業の多い職種だっただけだったってこと。

そして、夫のワークスタイルなりに「協力」できることをやってもらう、
たとえ平日の家事育児の大半が自分にふっかかってきたとしても
せめてノー残業デーには娘を風呂に入れてもらう、休日出勤はなるべくしない、
私が本当に調子悪いときはなんとか早く帰ってきてもらう、
それぐらいしてくれれば大満足じゃあないかとやっと思えたとき
夫婦の関係が大幅に改善した気がする。

ちょっと妊娠後期に入ってから精神的に良くなくて(単純に体が辛いので
イライラするのです)、産後の精神状態がものすごく気にかかるわけだが
娘の産後のように夫と毎日のようにいがみ合い、殴りあうようなことは
今回はもうないかな~と思っている。

これもカウンセラーさんと何度も何度もお話しして、
自分のなかで逡巡していたところに何かが開通したことだったんだけどね。

本当に第二子を作るまでの3年間は長かった。
身体ももちろん大変だったけど、自分の気持ちのいろんな部分を
いっぱいいっぱい整理しなくちゃならなかった。

もうあんな苦しい日々は、
次の子供のときにはないかな、と思う。

だから「イクメンがトレンディ」とか聞くと、
なんか猛烈に腹がたつのだ。

私の3年間は、こういうバカな煽りとの闘いだったから。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-24 21:17

イチゴ狩り遠足

f0199940_1822301.jpg
f0199940_18223953.jpg


海老名のほうまでイチゴ狩り遠足に行ってきました~。

いやー、イチゴ狩りって楽しいんですね~。取っても取ってもまだ沢山。
こんな贅沢なイチゴの食べ方って生まれて初めてでしたよ。
娘と一緒に6パック分ぐらいは軽く食べちゃいました。

それにしても私のほうは幼稚園ママたちのグループに
いまだなかなか入れません。
お弁当のときも一緒に食べるグループがいなかったので
かえと二人で食べましたよ…(笑

でも、私は昔からそうだったというか
小さいときからグループに入るのが苦手で、いつも一人だったんで
大人になってもそういうのって変わらないんだろうなあと。

娘も同じ気質を遺伝しているのか
クラスでも女の子友達とつるむこともなく、一人で楽しんでるし…。

保育園時代は夫が来られる土曜日にイベントがあったので
家族単位で行動ができたのですが
幼稚園になってからすっかりママが主体。
どうにもこうにも毎度毎度気が重~いわけです。

まあそのうちもうちょっと馴染めるようになるかな…。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-20 18:35 | 子育ち
f0199940_12354336.jpg


だいぶ髪の毛が伸びてきましたが、いまだ小坊主です。

ここんところものすごーく落ちていたのは、仕事場でいろいろ。うん。

私は派遣社員ということもあって、通常の正社員さんのように
産前産後何週間は産休とか育休とか、そういう当たり前の権利がちっとも使えず
(いや、派遣社員でも派遣法できちんと定められているんだけど、やはり非正規は
そのあたりがナァナァになるわけで…)、妊娠9ヶ月になろうとしている今でも
何も言わずに働いているわけなんだけど。

まあそれは誰に強制されたわけでもなく、自分がまだ大丈夫だと思って
やっているということもあり、特に誰かを責めるというような気持ちではない。
(むしろ、派遣なのに契約を切られないことに感謝している)

でもやっぱ、5月に産まれるのか6月に産まれるのか7月に産まれるのかとか
あまりに仕事場の人たちの認識がナァナァで、仕事のスケジュールをたてるときも
「様子を伺う」ようにされるのはあまり良い気持ちではなかったので
大体のスケジュール表を作って上司に送付したわけですよ。

6月の中旬から臨月に入ります。
7月に上旬に計画的に出産します。
その後しばらくは在宅ベースで仕事します。
10月から下の子が保育園入所のため復帰できます。 って感じで。

そしたら、そのスケジュール表を送付して以来、上司が私のことを避けまくりなの。
もう話しかけもしないし、目もそらすし、その状況が一週間ぐらい続いている。
こちらも仕事する上で、それが猛烈にストレスなわけ。

この上司の反応を見ていて昔の指導教官とかぶっちゃうわけよ。

要するに、ナァナァにしておきたいのね、男って。
臨月に入ってまでも働かせているという証拠(スケジュール表)なんてもらって
それを黙認してしまっているということになったら
何かあったときに当然責任問題になってくるわけだ。

(派遣社員とはいえ、臨月まで働かせているのは法律違反だしね。)

指導教官は私の妊娠を知ったときに猛烈に機嫌が悪くなって
あれやこれやメールでひどい言葉の応酬をしてきたんだけど
私が「もう休学する」と決めた途端に、「本当はそうして欲しかったから
ホッとした。ひどい言葉を投げかけてすみません。」ときた。

男(と決めちゃいけないけど)が妊娠出産のことに関していろいろと
ストレートに言いづらいってのは分かる。分かるんだけどさ。
明らかに「何かあったときに責任がふっかからないようにしたい」というのが
見え見えな態度の変貌はもう本当に勘弁して欲しいわけ!

大学院生にせよ派遣社員にせよ、法律できちんと守られない立場にいると
人間関係で「空気読め」的なことが多くなって非常に煩わしいのだ。
私の場合、派遣社員であるなら派遣社員らしく、ナァナァな空気を維持しながら
黙って働くべきだったんだと思う。今思うと大失敗だった>スケジュール送付。

とはいえ、「5月の出荷ってまだやってもらえるんだっけ…」とか
毎回毎回海外発注のたびに顔色伺われるのは本当にたまらなかったんだよね。

別に何かあったとしても、誰もあんたらなんか責めやしないよ。
ちょっとアメリカ的訴訟カルチャーの影響受けすぎてんじゃないの?

ほんっと腹立つ!!
こっちだって妊娠9ヶ月の腹抱えて出勤するのは楽なもんじゃないのに
行くたんびに不愉快な思いをするのはたまらないですよ!!
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-17 12:52 | 労働
娘を延長保育に迎えに行った折に、
先生方が「かえちゃんのお母さん、顔色悪いですよ…」と心配して
椅子を出してくださった。しばらく休ませてもらう。
「そんなしんどそうなのにお仕事してて大丈夫ですか?」と。

気の抜き方がどうしても分からない。
弱音の吐き方がどうしても分からない。
人に迷惑かけられないとか、世の中から置いていかれたくないとか
出産育児で体と時間が不自由になればなるほど頭が固くなっていく。

うつ病になって大学院を中退したときに、何度も何度もカウンセリング受けて
自分のカチコチになった価値観をときほぐしてもらったはずだった。
辛いときには人のことを気にせず休むことができるようになって、
第二子を作る決心がついた。自分はもう大丈夫、と。

でも出産があと二ヶ月というところまで迫ってきて
職場でも段々と躍起になってしまう自分がいて。
「必死でやりますから見捨てないで!!」というオーラ全開で。
「産後もすぐ復帰しますから!迷惑かけませんから!」みたいな。

指導教官も私のこういうオーラが重たくて
「しんどいならさっさとやめてくれよ…」という気分になったのかも。

辛ければ休んでいいし
人を頼ってもいいし
人はそんなに簡単に自分を見捨てないし

それなのにどうして私はこんなにドツボにはまるまで
自分を追い詰めていくのだろう。

日曜日の夜に、思わず夫に
「どうしよう…、久しぶりに死にたいとか思っちゃった」と言ってしまった。

大学院生時代、妊娠やら出産育児やらがあっても
驚異的な体力と行動力で博士号を取ってしまうブログ友達が何人かいた。
自分もきっとそうなれると信じていた。

でもね、うつ病になってから気づいたんだ。
そんな人たちは特別だってことを肝にすえておかないと
自分の身体に負荷をかけて壊れてしまうってこと。
それからそういう人たちのブログは見るのやめた。

他人がどうあれ
私は妊娠中はとても身体がしんどいし、
産後は精神状態も身体の状態も人並みに崩れるし
ゆっくり休養して然るべきなんだと。

自分は特別な体力を備えているわけではなく
人並みに辛いってことをやっと認められるようになったから
第二子を作ったのに

弱音が吐けない。
これぐらいのこと何さと思おうとしてしまう。
そして心身ともにくたびれ果ててしまう。

全然変わってないじゃん、自分!!

これじゃあ産後にうつ病が再発してもおかしくないよ。

カウンセリングを受けたい気分でいっぱいです。
でも精神科に併設のカウンセリングなので
なんとなく行きづらいというか…
抗うつ剤を飲むのはもうコリゴリだったりとか…

とりあえず6月に入ったら、
週4日勤務にさせてもらおう…。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-13 20:02 | 試練

アノ頃を消したい

f0199940_17562315.jpg


小栗旬に似ていると思ってしまうのは私だけですか。
かえるの帽子をかぶるかえ。

妊娠30週になり、爆発しそうな腹とひどい息切れ。きたきた妊娠後期…。
仕事しながら赤子の足と手がお腹から出てくる姿はやはりグロテスク。

どこにいっても「まだお仕事してるの!?」と言われるので
夫がなんとなく辛くなってきたよーで
「仕事もうやめてよ…お願いだから…」と。

まあお腹が大きいのは大変なのだけれど、デスクワークなので
周りが思うほどは辛くないんだよなあ。私はむしろ産後のほうが心配というか。
娘のときは無痛分娩だったので産後の回復は早かったのだけれど、
頭が始終ボーっとしたり、イライラしたり、悪露がずっと止まらなかったり、
おっぱいが張って痛かったり、とにかくとにかく産後はつらかった!

自分の体もしんどかったのに、0歳児で保育園にいった娘は
一週間おきに発熱。娘もフラフラ。私も看病疲れでフラフラ。
なにより初めての育児で頭が朦朧。文句なくしんどかった。

私の当時の指導教官ってのも不思議な人というか
なんか普通のコミュニケーションが取れない人だったので
私が育児でしんどい素振りを見せると、なぜか機嫌が悪くなるというか。
だから余計に頑張ってしまって、もう心身ともにボロボロだったように思う。

その点会社って楽だと思うんだよ。
休んだ日は正々堂々何もできないから。
研究って違うでしょ。家にいてもできることが多すぎる。
できることが多すぎるってつらいんだよ。

今でも思うんだよなあ。

指導教官は一体何を考えていたんだろうなあ、アノ頃。
今思うとだけど、単純に気を遣うのが面倒くさいから
さっさと休学して目の前から消えて欲しかったんだろうなって思う。
でもそんなこといったらアカハラだかパワハラだかになって厄介だから
どう言ったらいいのか分からず、苛立ちが増したんだろうね。
(それっぽいこと言ってた)

私がうつ病で寝たきりになってしまって
夫が退学を指導教官に申し出たとき、指導教官は本当にセーセーって感じで。
もうちょっと引き止めるぐらいするのかなって思ったからびっくりした。
彼にとっては学振蹴られるより、思うようにならない育児中の学生が
博士課程にいられることのほうが面倒くさかったんだろうなあって思う。

せっかちで、面倒なプライベートマターが大嫌いな人だったもの。

夫が思うほど、私は辛くないんだよ、今。

お腹大きくて仕事するのが何さ。
どう行動すれば良いか分からなくて、子供を可愛いと思うこともできなかった
大学院時代。

それに較べて、何も考えずにお腹を慈しむことができる今は
本当に幸せなんだよ。夫には実感伴っては分からないかもしれないけど。

あのときアノ道に固執していたら、
今みたいな時間はきっと過ごせなかった。

それでも指導教官とのゴタゴタは私の心に大きなしこりを残したのは確か。
今でも思い出すと悔しくて、切なくて、
頭のなかを掻き毟りたいような気分になるのは変わらない。

全部忘れたい。
思い出すと悔しい。ちくしょう。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-10 18:14 | 試練

苦肉の策

本日久しぶりの登園日。
娘よ、自分がやったことの落とし前は自分でつけろ。
つまり、友達にいじめられても私は知らないと宣言。

f0199940_20423727.jpg


娘、大人用のヘアネットをかぶって登園。
なんかベレー帽みたいでそれなりに自然(苦笑

迎えに行ったらハゲ頭さらして遊んでいた。
まあ娘はこういうキャラなんだな、多分…。もうシラネ。

f0199940_20442078.jpg


本日の妊娠中毒症レシピ。

・鶏肉ときのこと野菜のトマトジュース煮込み
・ブロッコリーとしらすの炒め

白いご飯抜き!!(かなり辛い。)

GWで60.7kgまで到達したが、なんとか60.0kgに落とす。
たった700g落とすのが、妊婦にとっては至難の業。

前回の妊婦検診で体重は59.4kgだったので、
まだまだ許容範囲。頑張ってる。次回妊婦検診まであと4日。
あと4日今の体重をキープすれば、かなりエライ。
三週間の間、ほとんど体重を増やさなかったことになる。

どうして妊娠した途端にこんなに体重がとんとん拍子に増えるかなあ(涙
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-06 20:48 | 子育ち
GW終盤にさしかかった昨日、我が家で 大事件 が起きました!

夫婦で娘からちょっと目を離したときです…

娘は勝手にハサミを持ち出して、散髪ごっこを始めてしまったのです…

そして… この惨状をご覧ください!!

More
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-05 09:58 | 試練

おやつに…

f0199940_1352335.jpg


食欲を散らすために、バナナケーキを焼いてみる。
焼きムラができるなあ…。やっぱちゃんとしたオーブンが欲しい。

昨年は妊娠発覚で娘の七五三を延期したため
ネットで着物を購入。今年は下の子のお宮参りと娘の七五三をセットでやっちまおう。

GW初日はいつもの休日と変わらない感じでスタート。

明日は保育園時代からのママ友(幼稚園も一緒だけど)さんのおうちにお邪魔するので
娘と一緒に和菓子を買って帰る。

体重は遂に60kgオーバーで、苛立つ。
GWは減量に燃えることとする。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-05-01 13:56 | 妊娠中毒症レシピ