What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

試練の時期!

f0199940_2045145.jpg


息子、生後一ヶ月となりました。

娘のときに体験していたので今更追い詰められませんが、
生後一ヶ月ってすごく大変デス。

とにかく泣きます。0ヶ月のときは飲んで寝て飲んで寝て…というリズムだったのが、
飲んでるとき以外はミーミー泣き続けるのがこの時期。

まだおもちゃで遊ぶわけでもないから気もそらせないし
首も据わってないからおんぶで寝かしつけもできず、

これに娘の相手もしなくちゃならないので
息子はとにかく泣かせっぱなし。娘も弟の泣き声にイライラして
口を塞いだりする始末(!!)。

とにかく生後一ヶ月は試練の時期です。

ただ昼夜の区別はつきはじめたようで、夜は娘と一緒に寝てくれます。
まだ三時間おきに起きますが…。

この時期は私もきつくて食欲や睡眠欲がガックリと衰えてしまうのです。
今日も朝昼とも食事を抜いてしまった。おっぱいあげて、貧血起こすし(涙

食欲や睡眠欲といったものをおざなりにすると
自律神経の調子が一気に崩れるので、今はちょっと注意が必要な時期。

二ヶ月から三ヶ月になると、格段に楽になるんですよね。頑張れ、私!
二ヶ月になると、赤ん坊が笑うようになるので、結構楽しいんだよね~。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-29 20:15 | 子育ち

産後うつの怖さ

昨夜、娘と息子を寝かしつけた後に携帯でニュースを見ていたら
日テレのアナウンサーの山本真純さんが自殺されたことを知りました。

朝、夫になんとなくその話をして、夫を送り出したのですが
その後に、彼女の自殺の原因が「産後うつ」であったという発表を見ました。

今年の二月に出産されたばかりだったそうです。
産後二ヶ月から症状が悪化し、旦那さんは仕事で海外に行ったきりで
苦しい気持ちを打ち明ける相手がいなかったのかな…。

「産後うつ」は産後一ヶ月から発症するそうな。

今思えば、娘の産後一ヶ月は、もろに「産後うつ」の症状が出ていたのに
知識が全くなかったので、精神科に行こうともしませんでした。

なんかのガイドラインに、「知覚が過敏になり、子供の泣き声が耳で鳴り響き、
子供を転がしたまま布団にもぐって耳を塞いでいるような場合は
産後うつがかなり重症の可能性があります。身近な人が精神科の受診を
すすめてください」というようなことが書いてありましたが…。

娘のとき、これと全く同じことしてましたヨー!!!!!!!!!

夫にもこの状態は話していたのですが
夫は夫で、私の異常にイラだった状態と、自分の激務をハンドルすることができず
精神科受診まで考えつかなかったんだろうなあ…。

あのとき精神科受診していれば、本格的なうつ病(娘が1歳4ヶ月で全身状態が悪化し
ほとんど寝たきりになる)にまで移行しないで済んだんだろうなあ。

息子に関しては、娘のときに起きたありとあらゆる現象を考えたうえで
自分の体と相談しながら日々過ごしているので

心は割と穏やか。だと思う。

だって、息子、可愛いもん。(娘は全然可愛いと思えなかった)

まあこれから産後一ヶ月目に突入するので
気をつけて毎日を過ごそうと思います。産後うつは本当に怖い。

ヤバクなったら、すぐ精神科に連れていってもらおう。
抗ウツ薬がイヤとか、言ってる場合じゃないもんね。
もう病気にはなりたくない。

息子は結構泣きわめいています。(二人目は寝てばかりとか言ってたの誰だyo!)

それをあやす娘の姿に癒されています。(笑
オムツをおしり拭きを抱えて飛んでくる娘の姿にまた、癒されています。

先日、娘の幼稚園の面談で、「3年間あっという間でしたか?」と
担任の先生に聞かれ、、、

「いや、ものすごく長かったですよ!まさか二人目作ることになるとは
思いもしなかったです!」と答えたら、先生がちょっと驚いておられました。

娘がともに歩んでくれた3年間があるから
今の息子とのかかわりがあります。

そういう意味で、娘との信頼関係は、
「母性」に裏付けられた自然発生的なものではなく
二人で手と手を携えて、構築してきたものです。

だから娘は、小さな弟が産まれたぐらいで
私の心を疑ったりしないのかもしれません。

娘は、私も、せいたのことも、大好きです。(もちろんパパのことも)

あの苦しみは二度と味わいたくないけれど
苦しみの先には、必ず光があるということ、
教えてくれたのは娘だったと思います。

山本真純さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-28 15:40 | 試練

夏の子供たち

f0199940_10125091.jpg


娘と一緒に種を巻いて育てた向日葵が、遂に開花です。

f0199940_1013428.jpg


娘は夏祭りが大好き。キラキラしたものや、カキ氷や、綿あめ。

f0199940_1014455.jpg


せいたは一杯飲んで、どんどん丸くなっていきます。
お姉ちゃんにいじられまくりで、ちょっと哀れなときも…。

f0199940_10154171.jpg


最近、昼間はよく泣くんだなあ。娘のときもそうだった。
生後一ヶ月になるとよく泣く。

子供たちの夏は、私たちの感じる夏とはきっと違うもの。

娘は毎日、幼稚園でプール。体育館全面使って、自転車。
家で私とゴロゴロしてるより、ずっと楽しいみたいです。

大人になってしまうと、早く過ぎ去って欲しい酷暑ですが、
子供にとっては、毎日がワンダーランド!みたいですな~。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-25 10:18 | 子育ち

出産覚書

f0199940_19564943.jpg


産後三週間にして悪露終了。一人目の悪夢があるので、信じられない。
産後はやはり安静にしていなければいけなかったんだ…!!

忘れないうちに北里大学病院での無痛分娩の流れ、覚書。
同病院で出産する方の参考になればと思う。

2010年6月29日

15時: 37週の定期検診にて、入院が決まる。
16時: 病棟入り
18時: メシ(無痛分娩の場合、ここから後は出産まで絶食)  
19時: ミニメトロを子宮口に挿入(痛みレベル:レベル3ぐらい)
21時: 就寝(ミニメトロが子宮口を開く痛みで、ほとんど眠れず)

2010年6月30日

5時: 看護士が起こしに来る。分娩管理室へ移動。
5時15分: 分娩管理室で内診。既にミニメトロ抜けてる。子宮口開大3cm。
5時30分: 浣腸!みぎゃーーーっ(何度やっても苦手~泣)
6時: 陣痛促進剤の錠剤を1錠飲む。
7時: 10分間隔の中度の陣痛発来。全然我慢できる。
7時10分: 陣痛促進剤の錠剤を1錠追加で飲む。
8時: 5分間隔の中度の陣痛が順調に来る。全然我慢できる。
8時30分: 陣痛が3分間隔になったため、陣痛促進剤の錠剤は追加せず。
9時: 陣痛促進剤の点滴を開始。(錠剤よりも点滴のほうが強い)
9時15分: 「最後のしんどい処置になるから、頑張って」と言われ、
       人口破水!(痛みレベル:レベル5ぐらい) さすがに脂汗が噴出す!
       子宮口に金具を入れて、羊膜をひっかけて破る処置!
9時30分: 麻酔科医登場。硬膜外麻酔の投入。
10時: 陣痛1分間隔。「いてて…」という声が漏れる程度に。
麻酔がなかなか効いてこない。オカシイ。
10時30分: 麻酔を足すが、なぜかお腹にだけ効かない…。うめき声が出る。
11時: 子宮口開大6cm。まだ麻酔が効かず、また足してもらう。
12時00分: 麻酔が効き始める。「よし!睡眠を取って体力温存するぞ!」と
        寝体制に入る!
13時00分: かなりいい心地で寝ていたら、「わっ!もう全開大!!」の声で
        目が覚める。
13時30分: 「赤ちゃんの頭が見えてる!」という声とともに、スタッフが緊迫した
        ムードに。分娩管理室が分娩室に高速で移動させられる。
13時43分: 2回いきんで星太誕生
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-20 20:02 | たまご記

幸せタイム

f0199940_20451743.jpg


私の今の一番の幸せタイム。
娘と息子の間にはさまって、二人の寝息を両側から聞くこと。

f0199940_20503489.jpg
f0199940_20504451.jpg
f0199940_20505351.jpg
f0199940_20511472.jpg


このバタバタした日々が
一番幸せだったと将来思い出すのかもと思う。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-17 20:54 | 子育ち

のんびりした日々

f0199940_931190.jpg


娘は今日、幼稚園の終業式です。

登園拒否がひどかった五月を乗り越え、
最近ではとても楽しそうに通っていたので
ここで夏休みに入ってしまうのはやや残念といえば残念。

でも私が息子の世話でほとんど娘を構ってあげられないので
夏休み中も延長保育に通ってもらうことにしました。

市の月極延長保育の審査が6月末だったので、
うちはギリギリ月極で利用できるのです!(仕事を6月末までやってたんで)

この審査より前に仕事の休みに入ってしまったら
延長保育代が倍額以上取られてしまうところでした…。

この審査のために、私は臨月の重いお腹で働き続けたのよ~(涙
結果論だけど、お産の一週間前まで働いていたことになるんよね。

今は「床上げまではとにかく安静」の日々をおくっております。

入院中も、見舞いは一切断りました。
夫すらも来なかった(笑
ひたすら息子と昼寝をする毎日でした。

娘の出産のときは、
夫の家族が四日間にわたって訪れ、
マタニティブルー真っ最中の私には本当に辛かったんです。

退院した日にも「お七夜だから」と義母がやってきて
えんえん五時間も自分の借金の話をしていき

その後も「疲れているからまた今度にしてくれないか」とお願いしても
「主人に行けと言われているから」と何度も何度も押しかけられ
それも娘が可愛いから…というのではなく、義父に申し付けられた
ことをただするためにやってくる感じで…。

実家にいる間ぐらい休みたかったのに、
ほとんど休息の取れない産後だったんです。
本当に、泣きたかった。

実家から自宅に帰っていよいよ一人で育児という段になって
夫の仕事が猛烈に忙しくなり、週末のたんびに
夫が出勤しなくちゃならないとか言い出し、

結果、一ヶ月検診で「悪露が多すぎる!」と注意され
子宮収縮剤をもらい…、それでも悪露は三ヶ月にわたり止まらず
悪露が止まるよりも前に生理が始まる始末。

あのときにゆっくり休んでいれば、
その後あの恐ろしいうつ病という病にかからずに済んだのかなと
今でも思えて仕方ないんです。それぐらい辛かった。

だから今回は、病院の見舞いは家族でも遠慮してもらい
退院後一週間は夫に夏休みを取ってもらい
その後は家事全般、母にやってもらっています。

娘にも頑張ってもらっています。
赤ちゃんが産まれたらママが家にいるから
早く帰っていいんでしょ?と楽しみにしていた娘。

ごめんよ~、結局ほとんど毎日延長保育だ~(涙

それでも私が大変なのを察しているのかな、
文句言わずに頑張ってるんだな~。。。切ない。。。

一人目の失敗から
産後の体は甘く見ちゃアカン!と思ってしまうわけです。

まれーに産後にバリバリ研究とかやってるヒトもいるみたいだけど
自分には無理みたいです。

無理みたいです、って言い切れるようになって楽になった。

やっぱりできるんじゃないだろうか、と逡巡しているときが
一番苦しかった気がします。

さて、パソコンいじってるのも良くないので寝よう!
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-15 09:20 | 日々の糧

二人育児

f0199940_9371978.jpg


出産した大学病院の方針で、完全母乳育児を指導され
退院後も母乳は足りていたので、粉ミルクナシでやっていたのですが…

二人目育児で完全母乳って結構きつくて…
私の場合は仕事復帰のこともあるし、少しずつ母乳→混合→粉ミルクに
移行していく決意。

子供って本当に姉弟といえどもそれぞれ違うもので
粉ミルクをお腹イッパイに飲めばさっさと一人で寝ていた娘と違い
息子のほうはおしゃぶりがわりにおっぱいチュクチュクしないと寝ない!

これはこれで可愛いんですが、娘が幼稚園から帰っていると、
これにいつまでも付き合っている暇がない…!

朝も、娘をバス停に連れていく時間を計算しながらの授乳になるし
なにしろ完全母乳だと夫に代わってもらうこともできないし
なんか一日中おっぱいに振り回されっぱなしの育児で…
娘の頃よりもむしろ余裕がない状態なので、

少しずつですが、哺乳瓶に慣らしていってます。

とはいえ、夜は母乳のほうが楽ですね。
添い乳すれば、私も一緒に眠れるんで。

毎日娘を無理やり19時に就寝させ、
私も仮眠を取るため、この時間に一緒に寝ています。
左右から聞こえる子供の寝息を聞きながら眠るのってかなり幸せです。

23時頃には息子が空腹で泣き出すので起きるのですが
夫が一人で深夜アニメ見て楽しんでいる姿を幾度となく発見し
八つ当たりをしてしまいました…。

だって、おまえ、その余裕しゃくしゃくの姿は残酷だろ、と。

ま、こういうこと言うのもやめようと思ってるんですけどね。
昼も夜もなく二人育児に髪振り乱している妻の身としては
夜中に帰ってきてアニメ見てる姿は腹立っちゃうのよね。

とはいえ明日は夫の誕生日だし、
(まあ帰りが遅いから、誕生会は土曜日に繰り越しだと思うが)
少しは優しくしてあげなくちゃね。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-14 09:47 | 日々の糧

産後の日々

f0199940_1724871.jpg
f0199940_17242713.jpg


せいたがやってきて一週間となりました。
夫が一週間、夏休みを取ってくれて、全面的に手伝ってくれていたので
一週間育児以外のことはせず、かなりのんびりできました。

精神科の薬は飲まなくて良いという診断がくだり、
初めてまともに母乳育児を楽しんでいます。
娘のときは、私が初めての育児で精神的に良くなく、
母乳が全然出ず…、娘も哺乳瓶のほうが楽なので母乳を拒否し、
結局まともに母乳を与えないままでした。

ま…それでも元気に育ったからどっちでもいいんですけどね。

今日は娘の幼稚園の個人面談に行ってきました。

娘の年齢になると、そろそろ女の子たちは「仲間はずれ」だ「意地悪」だ
ぼちぼち言い始めて、ネチネチ喧嘩し始める時期らしいんですが
娘はそういうところがちっともなく、男の子とばかり遊んでいるんだそーで(笑

そういうかえちゃんが私は大好きデス!

付き合ってても意地悪いところとか、裏表とか全然ないんだもんね。

赤ちゃんのことも普通に可愛がってくれています。
特に赤ちゃんがえりとかもないし…。

自分の子供といっても人間同士、
気が合う合わないってあるんですよね、多分。

娘はクラスにいたら、普通に友達になりたいタイプだな、私は。
これって重要だよね。

うちの旦那なんて
「俺は自分の父親がクラスにいたら、絶対友達になりたくない」と
随分前から断言してるし(笑
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-09 17:33 | 子育ち

出産しました!

f0199940_16285275.jpg
f0199940_1629124.jpg


結局、6月29日に入院し、6月30日にK里大学病院にて出産しちゃいました!

2980g (37週)の元気な男の子です。星太といいます。

本来であれば7月7日に出産する予定だったのですが
星太の推定体重が37wにしては大きめだったことと、
既に30分間隔でお腹に強い張りがきていたことから
家が遠いことを考慮して、急遽入院・出産となりました。

二人目のお産は超楽チン♪でした。
でも歳とったぶん、産後の体はガタガタいってますが。。。

また落ち着いたら分娩の流れなどアップしたいと思います。
まずはご報告まで!
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2010-07-04 16:33 | 子育ち