What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

リアリティって


下の記事で書いたとおり、いろいろに折り合いがついた今となって書けること。

「リアリティ」ってなんだろな?と。

私が幼稚園ママ友達との会話が苦手だった理由は
「表面的な話ばっかりするので、実りがない。つまらない。」ということだった。

子供のこと、近所のこと、料理のこと、幼稚園行事のこと…
いわゆる世間話。

こういう話を延々していても、私は「誰かと交流した」という実感が
全く得られなかったのです。

でも途中で変なことに気づいて。

じゃあ、私が「誰かと交流した」という実感が得られるような会話って何かって
「愚痴」「病気」「怪我」「人の噂話」「誰かの悪口」

こういう話をすると、「あ~なんか深い話ができたな~!」と思う自分に
気づいたのです。なぜか「人と交流した」「人と会話した」という感覚を得られたのです。

深く深く考察してみると
こういう会話に人付き合いの「リアリティ」を覚えてしまうのは
自分が育った家族において、こういう会話が一番歓迎されたからだと思うんですよ。

母の一番好きなのは、人の悪口・噂話、そして愚痴でした。

子供たちが好きなモノ、好きな友達のことも、
「いいね~」なんて絶対言ってくれない。まず否定から入る。

(いい学校に入ったときだけ、褒めてくれる。楽しい気持ちにさせてくれる)

その家庭にいる真っ最中は、そういうものだと思って暮らしていたんだけど
こういう会話が、自分の「リアリティ」を作り上げてしまっていたんですね。

よくアメリカにいるときに思ったんですが
英語で会話するときって、基本的にポジティブなトークが多い。

You can do it! You can make it! Good for you!
という言葉で常に彩られている。

学会発表とかしてもそんな言葉が返ってくる。
(日本の学会は「批判」から始める感じでした)

この英語でのトークが、自分はいつも歯が浮いたような気分になって
どうにも苦手だったんです。そのとき思ったことが
「英語で話すと表層的な話題でイヤだ…」ということ。

だから、私は英語の挨拶にも、常にネガティブレスポンズをしていました。

"How was your trip!?"
"It was too long. I'm tired." こういう感じで。

英語が多少話せる方なら分かると思うけど、
この反応は珍しい(笑。っていうか変な人だよね。

「リアル」「リアリティ」って、実は「現実」でもなんでもないんですよ。

作られてるんです。そう感じるように。

そう感じるように仕組んでいる「罠」を見抜かないと
人生がそれに振り回されます。

私、途中で自分が「リアリティ」を感じる会話・人付き合いが
育った家庭のなかで作られた「罠」であって
それは「現実」ではないということにはっきり気づいたんですよ!

幼稚園のママたちとする「世間話」は表層的でもなんでもないってこと。
その会話をそこでしていることがリアルそのものであって
その内容にリアルさを感じないというのは、私の錯覚に過ぎないんです。

だから、
リアリティなんて信じない、
今そこにあるリアルを楽しもう!と思いなおしたわけですわ。

そしたら、人生の彩りが変わってきた!

(最近、ブログに愚痴が減ったでしょ?それもそこからきてるの。
愚痴をつらつら書くブログこそ、「深い」ブログだと思っていた)

その「リアリティの虚構」に気づいたら
どんな人付き合いだって簡単にできそうな気がしちゃったのです!

目下の悩みは
娘が愚痴が多い子なんですよ。

これって絶対、私が作ったコードのせいだと思う。
今から子育てやり直し状態ですが、間に合うかな…笑
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-08-25 12:55 | 試練

呪文をクリア

f0199940_12143671.jpg


やっほーい。ブログ、完全放置していました~。

夜は趣味に萌えてた(燃えてた?)り、週末は子供includeなママ友づきあいとか。
そうでない夜は、子供寝かしつけとともに夢の世界に撃沈だったり。

パソコン完全オフな日々。テレビも取りダメしたドラマたまに見る以外オフ。

私がパソコンオンしてインターネットうろうろするのは、たいてい夫が残業で遅い日なんですが
今年は節電の夏ということで、夫の会社はサマータイム導入+残業ナシ。
毎日18時30分帰宅!!(そのかわり朝は早い) あわよくば子供たちのお迎えも
頼めちゃうぐらい早く帰れていたわけで。(ほとんど頼まなかったが)

そんなこんなで早く帰ってくれる夫を横目にインターネットなんてできねー。(実は良い妻)
今年の夏は家族四人で毎日夕食が取れるという、夢のような日々でしたぁ。

今年の夏は、ポケモンやらカーズ2やら、全て幼稚園ママ友を誘って見に行きました。
「幼稚園ママ友づきあいなんて、してたまるか」状態だった去年に較べたら
ここんとこの私の精進ぷりは自分で自分を褒めてあげたい状態。

気が合うママ友見つけると、それなりに楽しいしね。

保育園時代はママ友づきあいなんてまるっきりなくて楽だったけれど
娘が幼稚園に入って、私、人生の経験値がほんっとに上がったのよ。
イヤだイヤだ言いながら、でも頑張る頑張る、と自分を鼓舞し続けて…

私、今の経験値を持って人生やり直せたら、超充実だったと思うのよ。

あ~切実にやり直したーい!!
特に大学時代!!!

人付き合いにコンプレックスがあって、
うじうじネチネチ考えては自己嫌悪に陥ってた人生の大半。

今のあたしなんて、
人付き合い、くるならこーーい!!れっつえんじょい!状態。

この先続く、小学校のハハ友づきあい(しかも教育熱心そーなTくばにて)
新しい職場でのつきあい、息子の入る幼稚園でのママ友づきあい、
いくらでもどうとでも楽しむ自信がつきました。

これはひとえに、娘の幼稚園におけるママ友づきあいという
人生最大に難しかった人付き合いに立ち向かったことから得た自信でしょう。

何よりも
「あなたは人から嫌われる」
「男にもてない」
「あなたといると人は疲れる」

等々の実母から植え付けられた呪文から解放されたのです。
これ34年の苦闘でありました。

これも、幼稚園ママ友との付き合いをクリアしたことで得られた自信。

やっぱさ、人の思考って怖いですね。

「自分ってこんなにダメだ…」という呪文が自分にかかっていると
本当に何もかもうまくいかなくなっちゃうんですよ。

こういう呪文から自らを解放するには
やはりそれ相応の試練を通ってこなければならないんですよね。

私にとっては娘を産んでからの4年間は、
自分自身にかかっている呪文と戦う、ものすごい試練の連続でした。

今、すっごくスッキリしてます。
何もかもから解き放たれて。

やっぱ今の自分で人生やり直したい(笑

とはいえ
試練を与えてくださった神様に、やっぱり感謝せざるを得ない日々なのですよ。

そういうことから要領よく逃げて、自分自身と向き合うことをしない人生も
ありっちゃありですけど。(意外と、そういう人のほうが多いのかも?)

私はそれでは子供に何かを伝えることができません。
そして、子育てするうえで、自分を省みることができません。

子供らには、
いろいろ伝えたいことがあるんですよ。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-08-22 12:42 | 試練

キャンプから帰宅

f0199940_1314214.jpg


いや~帰ってきましたよ。一泊キャンプから。

たった一泊だったのに、本当に心配で気もそぞろでした。
息子一人になったらびっくりするほど楽になるかも!?と
内心楽しみにしていたのですが…

全然変わらず。むしろお世話大好き姉ちゃんがいないのが
思ったより痛手でしたよ。息子はやっぱ、手がかかりますね~。

食欲無限大だし、声大きいし、動くし、叫ぶし、
どうやってもウルセイタですよ。

川遊びやらキャンプファイヤやら盛りだくさんの一日だったようで。

実は川に連れていってあげたことってないのよね…。
海も一回ぐらいだったと記憶する。(しかも本人、怖がって絶叫)

そんな都会っ子の娘だったので
川はともかくとしてキャンプ場のトイレとか、大丈夫かな…とか
ずっと心配しておりました。我慢して、便秘になっちゃってないかな…とか。

帰ってから聞いてみたら、どうも最近のキャンプ場のトイレは
私が想像するようなボットンじゃないみたいで…苦笑

娘がもしボットン見たら、すごいショック受けると思ってさ~。
匂いやビジュアルもすごいですが、何よりあの、
「足踏み外して落ちてしまったらどうしましょう」という恐怖。

私がキャンプとかアウトドア系が嫌いなのは、
あの恐怖空間のせいなのですよ。

「トイレすごくなかった…?」と聞いたけど
「女の子が二つと男の子が二つあったんだよ~」としか言ってなかったので
ロッジに備え付けの水洗だったんでしょうね。

こんな都会っ子な子育てあかんなあ~と思いつつ

まあ楽しかったみたいで良かった。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-08-05 13:34 | 子育ち

いってらっしゃ~い

f0199940_12322763.jpg


娘が体操教室主催の一泊キャンプに旅立ちました!
親から離れたところで宿泊するのは初めての経験です。

(ちなみにこの体操教室は、うちはやらせていません。
「体操教室に通っているお友達がみんな参加しているから参加したい」というので、
非会員価格で参加)

帰っても娘がいないのかぁ…と思うと、
すっごい寂しいのは何でなんでしょうか!!

楽しんで来いよぉ~ 涙 涙

この土地にも、幼稚園にも、私はすごく愛着があります。
なにしろ、6歳から生まれ育った街です。

二年後に、遠く離れたI城県に引っ越して、
いいんだろうか?と思うことしばし。

ピアノの先生も、Hまる学習会の先生も素晴らしかったです。
新しい土地で、もっと素敵な出会いがあると信じていても
ちょっと泣けてくるときがあります。

でも、夫と昨日ゆっくり話しました。

やっぱり子供たちを、ここで(というより、私の母のもとで)育てるのは
あまり好ましいことではないね、と。

夫も私の両親(というか母)と同居して

改めてその異常性に気づいたといいます。

まず驚いたというのが、会話の8割ぐらいが人の所属の話。
どこの大学出てる~だ、どこの会社に勤めてる~だ。

そして、人間関係の判断基準が全て人の所属。
「イヤな人だけど、東大でてるんだから変なはずがない」とかがいい例。

「moviさんが自分のことを誉めてあげられないのは、頭の中にいる
お母さんの声が邪魔しているからなんだよ。所属が立派じゃなければ
人間として終わり、そういう声がいつも響いているんだろう?」

夫がそう言ってくれて、私は布団のなかで泣いてしまいました。

「僕だっておかしくなりそうなのに、あれを小さい頃から聞かされ続けていたmoviさんは
どんなに辛かっただろうね。気が狂いそうだっただろう?」

そう。本当にそう。

でもそれがおかしいなんて思わなかった。
子供ってそんなものでしょう?親の圧倒的権力を前に、異議なんて唱えられない。

「moviさんの仕事は本当に尊いものだよ。その気になれば、
どの土地に言っても喰っていける力もある。もっと自分を誉めてあげて。」

夫の言葉に、何度も何度も ウン ウン と頷きました。

そして夫は、

こんな異常な家庭環境で、
子供たちを育てることは僕にはできない!とはっきり言ってくれました。

ああ、そうか

客観的に見ても、やはり異常な家庭環境だったんだ。

子供がまともに育つはずのない家庭環境だったんだ。

夫の言葉を聞いて、
私の迷いは再び吹っ切れました。

新しい環境でもきっと今に負けない出会いがあるさ!

今私ができることは、子供たちの未来を守ることだ!
自分が受けた苦しみを、子供たちに味わわせてはいけない。

いつもいつも夫には、
迷いを吹っ切ってもらって
本当に感謝しています。

明日は真っ黒に日焼けした娘に会えるかな~!!
楽しみです。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-08-03 12:51 | 子育ち