What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冷たい人間

f0199940_16452010.jpg


幼稚園のお友達のおうちで着せてもらった…。
ここんとこすっかりプリキュアから心が離れている娘だが、
これは嬉しかったね。

息子が今期二回目の手足口病にかかってしまい、今回は口の中の
水泡が痛かったらしく、超絶に機嫌が悪く…
喘息も併発して、私は心身共にくたびれた。

喘息に関しては、今回はステロイド吸入に踏み切る。
ほんと、ステロイドってすごいよね。カラッと治るのね。
副作用とか怖いっていうけど、咳き込んで寝ることも食べることも
ままならない状態が何日も続くのは、本当に辛かったんで…。

さて、

先日、高校時代の仲間の一人が亡くなった。二年間も闘病していたそうだ。
偶然にも、彼女はご主人とつくばに住んでいたそうだ。

彼女自身が病のことを人に知られたくなかったのか、
誰も彼女の死を知らず、葬儀にも通夜にも高校時代の仲間は誰も
行かなかったとのこと。

驚いたし、ショックだったし、ブログ友達だったayumiさんの訃報に次ぐ
友人の訃報に、今年はなんだかしんどい年だなあと思ったりもして。

でも、何よりも驚いたのは、自分の「あっけらかん」とした感じで。
同級生が亡くなるっていうのは人生初めてで、しかも学生時代はそこそこ
関わりもあった人だったのだけれども、何かこう胸に迫るような何かが
全然なくて。

少なくともayumiさんの訃報をブログで知ったときは、
会ったこともない人だったのに涙が止まらず、その状態はayumiさんを
思い出すたんびに続いた。半年近くたった今でも、ayumiさんのことを
思い出すと、激しい喪失感に見舞われて、涙が浮かんできてしまう。

友達が亡くなったと聞いて「え!」と思って一瞬止まってしまったけれども
私にとってはその後の「焼香に行くか行かないか」「誤解をよぶ書き方で
ごめん」的な同級生同士のぐっちゃぐっちゃのやり取りが煩わしくて

さらに言ってしまえば、友人を悼んでいるんだか、自分の仕事のことを
書きたいのかよく分からないメールが飛び交っていることも煩わしくて

まるで自分の平和な生活をかき乱されたかのような不快感しか感じず。

自分はいつからこんなに冷たい人間になってしまったんだろうと
そのこと自体が嘆かわしく、悲しく、

私としては、一人で静かに彼女の死を聞いたのであれば
彼女のお母様とご主人にお悔やみ状を郵送して、私なりに
静かに彼女の死を受け止めるつもりだった。

彼女の死を知人友人みんなで「偲ぶ」というやり方も
生前の彼女に対する「愛」を表現する方法として最適なものなのかも
しれないが、私には非常に負担であることが分かった。

とにかく焼香に行って、煩わしいこのやり取りを終了させたい、という
気持ちばかりが先走る。

亡くなった友人に申し訳ない。

最悪な気分だ。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-10-28 17:02 | 試練

男女差、明確に。

f0199940_2144310.jpg


男の子と女の子、両方育てることが出来るというのは、
本当にいい体験になりますね。違います。本当に違います。

f0199940_2145479.jpg


教えてないのに電気系統が狂ったようにお好き。
トミカ売り場で餌付け中の動物状態。一心不乱。狂喜乱舞。

f0199940_215228.jpg


34歳になっても、1歳の息子とカワラネーのが男子の運命か。
トミカ売り場で俺も餌付けされてどうすんだよ、夫。

娘は1歳前半には保育園で「人間関係」を築いていました。
先生にはよく「○○ちゃんと仲良しです」とか「○○ちゃんといつも遊んでいます」
とか言われて、そんな話題が中心だった気がしますが、

男の子ってほんと、目の前の電車とバスと食べ物にしか興味ナイ。
正直、保育園のお友達の名前が覚えられなくて、こちらが悩ましい。
先生との会話に出てこないんでね。

娘は、お友達が誰々ちゃん家に集まるのに、私だけ呼ばれてない、とか
すぐ気にする。

娘が気にすると、私も倍気にする。
悶々とする。

これ、女の定め?(笑

で、「娘が気にしているので、娘だけでも呼んでやってくれませんか」とか
図々しいメールをママ友に書いたり。
(でも本当は、気にしているのは娘より自分だったり…笑)

娘も私も女。
気にするとこが全く一緒。(で、イラっときてしまう。ごめん娘。)

毎日育ててみて分かるけど
男の子には男の子の良さ、
女の子には女の子の良さって本当にあります。

男の子を育てるのはものすごく体力いるんですが(※)

※ どれだけ体力がいるかというと、例えば今日のポリオの予防接種、
夫にも会社休んで同伴してもらった。予防接種ってのはなぜか
子供が昼寝する時間に行われるので、寝グズリでえっれぇ大変。
大暴れするうちの息子を、私一人で何とかする自信なかったのです。

たった一度の人生なので、二種類体験できるってのも
お得な感じがします。

えぇと、こうやって必死に書いているのは
暴れん坊の我が息子を見て、

「あー男の子なんて産まなくて良かった!!」と
鬼の首取ったみたいに連呼していた義姉に対して
一週間ぐらいイライラしていたからかな。爆

男の子の可愛さは、女しか育ててないオメーに
ワカラネーだろ!と内心笑っていたけどね。
でも言われていい気分はしないよね。

義姉のああいう暴言は、
嫉み半分なんだけどね。
分かっててもイヤ。

男の子、可愛いですよ。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-10-19 21:18 | 日々の糧

あ~オワタオワターっ

先週の土曜日、無事運動会開催しましたよ~。
しっかもジリジリ照り付けるような暑さっ!!
旦那は日焼けしてしまって、顔中がヒリヒリみたいっす(笑

前日に弁当仕込んでおかなくちゃ間に合わんゾ~!
と重々承知だったのに…

子供たちの寝息に誘い込まれ、「ああ~30分だけ~」と寝てしまったら
そのまま朝!!!!朝じゃねーか!!!!!!!!!!

バカバカ!!!あたしのバカーン!!!

…と思っていたら、前日に夫が唐揚げだけ仕込んでおいてくれて
本当に助かりました…。さすがイクメン!?

そして、今回の運動会、自分的メインは

父母学年対抗リレー

あれ?娘がメインじゃないの?
すみません。。。

3位スタートで、1位と半周の差をつけられてしまった
年中父母チームでしたが…

かえちゃんママ、
二人ゴボウ抜きをやりますたーーーー!!!


久々に走りましたが、
まだまだその辺のオカンには負けないってことが分かったぞーー。

年中チーム、3位から一気に首位へ!!!

そのまま走りに自信のあるパパへとバトンを引き継ぎ、
パパさんがさらにぐんぐんと間を広げてくれて…

年中父母チーム、
優勝しますたーーーーーーーー!!

これ、十年ぶりぐらいだったらしいのよ??
ここ数年、ずっと教職員チームが優勝してたそうです。
幼稚園の先生、鍛え方が違うのよ。何より若いし。

あと、年長父母も、最後ってことで燃えるみたいで

年中が優勝ってなかなかないんですよね。

トロフィー頂いたーーー!!

もう見たことの無い人夫(=ヒトオット)たちと、手を取り合って
大騒ぎしちゃいましたよ。

ビバ・スポーツ!!!!!

娘に「ママかっこよかったぁ???」と走り寄ったら、

「何番だったの?見てなかった。」
との最高につれないお返事!!!母ショック!!!

おかげで幼稚園に行くたんびに、
「かえちゃんママ、足速いんだね!!!」と
先生にもママたちにも言われるようになりました…。

来年は年長だから
もっと燃えますゾ!!!!!!!!
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-10-05 12:36 | 子育ち