What you love, set it free. If it does not come back to you, it was never yours. If it come back to you, it was always yours.


by la-paz-paz-paz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

怒ってくれる幸せ

まだ詳しいことは書けないが、某エッセイコンクールに
応募したエッセイが、最終選考に残っているとの連絡頂いた。
昨年は1200通、一昨年は1400通の応募があったとかいう結構
激戦なコンクールである。

オリジナルかどうか、とか、受賞の際は作品と本名を公開しても
良いか、とかマスコミの取材に応じられるか、とかそんなことを
聞かれた。

受賞したらプレスから取材を受けたり、授賞式があったり、
全国の幼稚園に顔写真つきで回ってしまったりする、
結構なかなか大変なコンクールみたいだ。

最終選考に残っているという時点で私の胸は高鳴りっぱなしで
あれやこれやと取らぬ狸の皮算用三昧だったわけだが、

これを聞いた母がなんと言ったと思う?

「なーんだ、出版しないの。たった800字?」

これを聞いた途端、私は燃え上がる心臓に冷や水をぶっかけられた
かのようなイヤ~な感覚に襲われた。

イヤ~な感覚である。
この母とつきあっていて、何度となくこのイヤ~な感覚に襲われたことがある。
以前、映画監督の人たちが私に話を聞きにきてくれたことが
あったが、そのときも両親が私にこう言った。

「なんだ、話聞きにきただけ?たいしたことないな。」

このときにもこの冷水をぶっかけられたような気分を味わい
「言わなきゃ良かった!言わなきゃ良かった!」と
何度も何度も悔いたのだった。

一橋大学大学院を辞めてから、両親の反応は
何についても常にこういう感じである。

もはや学校や会社という後ろ盾がない私は、
両親にとっては何をやっても「なーんだ」な存在でしか
なくなってしまったようだ。

逆に言えば、学校や会社という名前でしか人の成果を
判断できない、アホな両親である。

昨晩はとにかくがっくりで、もう受賞しようとすまいと
どうでもいい気分になっていたのだが、

これを聞いた夫が、激怒である。

「なんでそんな大事な話をばばぁに話すんだ!!!!」
夫にあるまじき激ギレである。

「moviさんにとって大事なことをばばぁに話したって
いいことがないって、これだけ思い知らされてて、
今更何やってんだ!!!!!!」

ばばぁ…笑
(夫がこういう言葉遣いすることは滅多にない)

朝になってまだウジウジしていた私を、
もう夫は慰めてはくれなかった。

「いい年して、親の承認求めんなってことだ。
もう分かっただろう。」

と冷たく突き放された。

この夫の激ギレと突き放しに、
なぜかじーんときてしまったのはなぜだろう?

私が親から受けた苦しみと向き合い、
ともに戦ってくれたのは、誰でもない、この夫である。

明日は結婚記念日、
6年間、夫は私の心に寄り添い続けてくれた。

「俺が認めるんじゃダメなのか!お母さんに認められなきゃ
おまえは満足いかないのか!」

数年前、ウツを患った私に夫はそう叫んだなあ。

ごめんね。

ありがとう。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-11-22 15:04 | 試練

魔の…

いろいろですっかりブログの更新が滞ってしまった。
いろいろって、単純にばててるだけですが(笑

息子が一歳四ヶ月。

terrible two(魔の二歳児)と言うが、
私は魔の二歳児期よりも、この一歳代中盤のほうが苦手。

娘のときに一番追い詰められたのは、一歳四ヶ月~六ヶ月。

この時期は、主張が出てくるのに、言葉が出てこない。
だから、体や叫び声で苛立ちを表現しようとする。

男の子はこういったフラストレーションを全力で
表現するうえに、力が強く、動きも大きく、
さらにやることがとんでもない(※)ために
私の疲労度も半端ないのだ。

(※ 風呂釜に飛び込む、トイレに飛び込む、砂を食う、
姉ちゃんを全力でビンタする…等々)

この種の疲労のとばっちりを食らうのはいつも娘のほうで
「言ってわかる」ことが災いして、私の怒りは理不尽にも
娘に倍増して飛んでしまうのだ。

娘への「小言」は、もはや「小言」ではなく「ヒステリー」に発展
しており、私のヒステリーをぶつけられる娘は不安でどんどん
私に依存し、甘えてくる。

爆弾小僧と粘着娘の両方に振り回されて、
夕食もまともに食べられない。風呂で体洗うのもままならない。

あー、仕事やめてーなー、疲れたなー、体力ついていかねー
とさんざ愚痴りまくっていたら

娘が「ママがお仕事辞めたら、お金がなくなっちゃうよ。
かえちゃん延長で頑張るから、辞めないで。頑張って。」
と言う。

女の子ってウマいよなあ。っていうか、賢い。(涙

男の子のママが、「あまりに育てるのが大変だったから、
いまだに二人目を作る気がおきない」というのを
たまーに聞くけど

娘しかいなかったときは、「ええ??そんなもん??」と
思っていたけど

分かる…。分かりますよ。

私、三人目作りたいとか全然思わないもんwww
だって次が男だったらどうしようとか思いませんこと?笑

男二人もいたら、
一日中奇声発してそう…→私が。

やれやれ、
本当に疲れたぉー
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-11-17 10:44 | 試練

ピアノという優先順位

f0199940_13244220.jpg


一歳四ヶ月になった息子、まだ歩かない。ハイハイしている姿
がたまらなく愛らしいので、気長に見守っているつもりだったが
さすがに焦りを感じ始めた。身長80cm, 体重12kgの巨体。
抱っこがつらいのは言うに及ばず、歩かないのでちっともスリムに
ならず、小児科の先生にも「太りすぎ」と忠言されるほど。

明後日は娘のピアノの発表会。今回は赤くてモダンなドレスを
着せる予定。

幼稚園ママ友たちとのお茶会にて、娘のピアノを聞いたママたちが
驚嘆。悔しくて泣き出す子まで。結局、娘の晴れ舞台をもう一度
見たいと、娘のお友達がみんなで大挙して発表会を見に来ることに
なってしまった。

それだけでも私にはプレッシャーがかかるというのに、

ピアノの先生から、

「発表会が終わったら、全国コンクールの予選大会に
出場なさいませんか?本人にもご両親にもプレッシャーが
かかることですので、ご主人とよく相談なさってください」

と、考えもしなかったことを持ちかけられることに。

今までナメテいたけれど、娘のピアノは確かに上手で
驚いたことに、本人楽譜や音符があまり読めない。
どうやら音を聞けば、弾けてしまうタイプのようで
音符は弾けるようになってから後付けで読んでいる様子。

1月にスタートして、あっという間に上達してしまった。

これで全国コンクールなんぞに出場してしまったら
エライこっちゃで、引越し先でのピアノの優先順位が
かなり低かった私としては、いろいろ予定変更しなければ
いけなくなるかもしれない。

とにかく、普通のアパートで楽器OK、ピアノの搬入OKなんて
ところは滅多になく、まあ家賃の安さ重視で、ピアノは
しばらく電子ピアノでいいやと適当に考えていたのだ。

でも本当に娘がピアノが好きとなれば
グランドとまではいかずとも、普通のアップライトピアノは
持参したい。そうすると、つくばのなかでも駅から遠い地域で
メゾネットタイプやら一戸建てやらを選ぶことになるのか?

それとも、ピアノ練習室を月極めで申し込むか?
どこまでピアノを優先させるべきか、迷う。非常に迷う。

なかなか予定したとおりにコトが進まないのは世の常ではあるが
娘の隠れた才能に賭けてみるというのもなかなか素敵。

発表会が終わっても、しばらくは気が抜けないのが
嬉しいやら心細いやら。
[PR]
by la-paz-paz-paz | 2011-11-01 13:25 | 日々の糧